*満開の花 園児も笑顔*苫小牧
サクラの花に見とれる、はくちょう幼稚園の園児たち
サクラの花に見とれる、はくちょう幼稚園の園児たち

 【苫小牧】苫小牧市沼ノ端のはくちょう幼稚園では、十年前に贈られたエゾヤマザクラがたくさんの花をつけ五月十一日、園児たちが花見を楽しんだ。坂本由樹ちゃん(3つ)は「きれいな花が咲く春が大好き」と喜んでいた。

  一方、沼ノ端四町内会協議会(星野邦夫代表)は、四月に開校した苫小牧市立ウトナイ小(中川良司校長)周辺の勇払川沿い約四キロに桜並木をつくることを決め、五月二十七日、初の植樹を行った。同協議会には、本年度から五年間、計五百本が贈られる。

  二十七日は、事前応募した沼ノ端住民ら約四百三十人が「結婚記念」「出産記念」「新築祝い」など、それぞれの思いを込めて、市寄贈の三十本を合わせて計百三十本を植えた。



戻る