北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

<<2014年02月 | 2013年12月>>

【2014年01月30日】

第55回旭川冬まつり「2014年氷彫刻世界大会」

 ◇期日 ▽制作2月6日(木)午後7時〜8日(土)午前11時▽展示8日〜11日(火)◇会場 旭川駅前〜旭川平和通買物公園◇内容 国内外の参加選手による団体(1チーム2人)26基、個人27基の氷彫刻競技制作と展示を予定
 主催 氷彫刻世界大会実行委員会(北海道新聞旭川支社、日本氷彫刻会、旭川冬まつり実行委員会)

上に戻る  

【2014年01月29日】

新紙面3月3日から*マスマス 文字が大きく。

 「文字をもう少し大きくしてほしい」「より読みやすい紙面を」―。読者のみなさまからはこうした声が寄せられてきました。
 いま、お読みいただいている記事は現行の文字で書かれ、基本は1行10字です。それが3月3日から変わります。
 ニュース面と地方版で一回り大きい新文字を採用し、1行の字数を12字に増やします。
 1ページはこれまで、広告部分も含め15段でした。それを12段にします。ゆったり読みやすくなります。
 合わせて朝刊1面の「卓上四季」や天気予報も衣替えします。
 北海道新聞社

第65回さっぽろ雪まつり 道新氷の広場

 ◇会期 2月5日(水)〜11日(火)◇会場 大通公園西2◇大氷像 「ハートの宮殿」◇中雪像 「サラブレッドのふるさと北海道」(JRA札幌競馬場)◇小氷像 4基(大王製紙、道新サービスセンター、日本人形協会、正栄プロジェクト)◇出展 サントリー、JT、南極食堂、青森県弘前市、小路谷写真、見方北のシェフ、虎鉄ザンギ、麺処頂、オスマンル、味覚園ほか◇イベント プロジェクションマッピング、光と音のショー、ヤマハエレクトーンステージほか◇問い合わせ 道新運営本部(電)011・206・6285
 主催 北海道新聞社、同まつり実行委員会

上に戻る  

【2014年01月25日】

ミュシャ財団秘蔵 ミュシャ展―パリの夢 モラヴィアの祈り

 フランス時代の代表作やこれまであまり紹介されなかったチェコ帰国後の作品など世界・日本初公開を含む240点で、アール・ヌーボーの巨匠ミュシャの世界を紹介します。
 ◇会期 4月5日(土)〜6月15日(日)午前9時30分〜午後5時(入場は同4時30分まで)。5月5日を除く月曜日、5月7日は休館◇会場 道立近代美術館(札幌市中央区北1西17)◇入場料 一般1300円(1100円)、高大生900円(700円)、小中生600円(400円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。前売り券は同美術館、道新プレイガイドなどで発売中◇問い合わせ 同美術館(電)011・644・6882
 主催 北海道新聞社、道立近代美術館、STV札幌テレビ放送、ミュシャ財団

上に戻る  

【2014年01月22日】

ノンフィクション作家 麻生晴一郎氏が講演*道政経懇2月17日に例会

 北海道政経懇話会(代表幹事・村田正敏北海道新聞社長)は、2月17日正午から札幌プリンスホテル・国際館パミール(中央区南2西12)で2月例会を開きます。ノンフィクション作家の麻生晴一郎氏(47)が「変わる中国と『普通の人たち』―党や日本はどう見えているのか」と題して講演します。
 東大在学中の1980年代から中国の市民社会や大衆意識を取材し続け、日中の草の根運動にもひと役買っています。「こころ熱く武骨でうざったい中国」「中国人は日本人を本当はどう見ているのか?」などの著書があり、昨年10月には「潮アジア・太平洋ノンフィクション賞」を受賞しました。福岡県生まれ。
                  ◇
 北海道政経懇話会は会員制(会費・月額8千円)です。北海道新聞情報研究所(電)011・241・2470へお申し込みください。

上に戻る  

【2014年01月17日】

朝刊1部売り 定価140円に

 北海道新聞社は、2月1日から駅売店やコンビニエンスストアなどで販売する北海道新聞朝刊の1部売り定価を、現在の130円から140円に改定させていただきます。諸経費の値上がりに伴うもので、いずれも消費税込みです。夕刊の1部売り定価50円は変わりません。ご理解いただきますようお願い申し上げます。
 北海道新聞社

「北の文学2013」あす発売

 北海道新聞社は17日、「北の文学2013 北海道新聞文学賞、短歌賞、俳句賞」を出版します。
 2013年の第47回北海道新聞文学賞創作・評論部門で佳作となった小説「節子の来た道」(末永直樹)と小説「家族の点描」(田口耕平)の全文を収録しています。
 同賞詩部門の受賞詩集「小さな椅子の鬣(たてがみ)」(萩原貢(みつぎ))、第28回北海道新聞短歌賞の受賞歌集「光の翼」(下沢風子)、同俳句賞の佳作句集「弦楽」(藤倉榮子)と「無量」(五十嵐秀彦)は抄録。選評、選考経過、受賞者インタビューなども掲載しました。
 A5判180ページ、1260円。道内書店のほか、北海道新聞販売所でも取り扱います。問い合わせは北海道新聞社出版センター(電)011・210・5744へ。

上に戻る  

【2014年01月14日】

第29回サロマ湖100キロウルトラマラソン

 ◇期日・コース 6月29日(日)▽100キロ=オホーツク管内湧別町▽50キロ=同佐呂間町。ゴールは北見市常呂町◇参加資格 100キロ13時間、50キロ8時間以内に完走できる18歳以上の男女(高校生除く)◇定員・参加料 ▽100キロ=3550人、1万7千円▽50キロ=550人、1万1千円◇申し込み 22日午後8時からhttp://saromanblue.jp/で(先着順、定員になり次第締め切り)◇問い合わせ 大会事務局(電)0152・54・2191(土・日、祝日を除く午前9時〜午後5時)
 主催 北海道新聞社、道新スポーツ、北海道陸上競技協会、北見市、湧別町、佐呂間町

上に戻る  

【2014年01月09日】

第20回アイヌ民族シンポジウム

◇期日 24日(金)午後6時開演◇会場 札幌市教育文化会館(中央区北1西13)◇内容 ▽基調講演「アイヌ民族補償と民法学―議論されるべき現今の諸課題」吉田邦彦氏(北大大学院教授)▽パネルディスカッション「アイヌ民族の先住補償問題」市川守弘氏(弁護士)、阿部ユポ氏(道アイヌ協会札幌支部長)ほか▽アイヌ舞踊と音楽◇入場無料◇定員 150人(当日会場で受け付け)◇問い合わせ 道アイヌ協会札幌支部(電)011・596・1610
 主催 道アイヌ協会札幌支部、北海道新聞社、札幌市

上に戻る  

【2014年01月07日】

劇団四季ミュージカル「オペラ座の怪人」 第2期公演チケット発売

 ◇期日 3月1日(土)〜5月31日(土)◇会場 北海道四季劇場(札幌市中央区大通東1)◇入場料 S席8千円、A席7千円、B席5千円、サイドシート3千円。A席の学生料金(大学生以下)は5千円◇チケット一般発売 5月31日までの公演分を13日(月曜、祝日)午前10時からインターネットhttp://489444.com、フリーダイヤル(0120・489・444)、札幌・道新プレイガイドほかで。北海道四季劇場チケットボックスは午前11時から受け付け◇問い合わせ 開演時間など詳細は劇団四季北海道公演本部(電)011・200・6277(日・祝を除く午前9時30分〜午後6時)へ
 主催 劇団四季
 共催 北海道新聞社

上に戻る  

【2014年01月05日】

マスマスどうしん。*大きく、くっきり 読みやすく*道新変わる3月3日

 北海道新聞が3月3日(月)から大きく変わります。全道共通のニュース面と地方版で文字を一回り大きくし、1行の字数を12字に増やすことですっきり読みやすくなります。
 日曜、月曜の地方版も拡充します。
 お読みいただいているのが新しい文字「U文字」です。現行の文字に比べて面積が6・3%大きくなります。書体は、くっきりと見えるユニバーサルデザインを採用しました。横線を太くしてちらつき感を減らすなど工夫を凝らしています。
 対象となる紙面では、この記事のように1行を12字とし、段と段の間を空けることで紙面全体がゆったりします。真ん中の折り目と文字が重なる読みにくさも解消されます。
 文字が大きくなることで総文字数はやや減りますが、見出しやレイアウトの工夫で情報量を維持します。

上に戻る  

<<2014年02月 | 2013年12月>>