北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

<<2014年06月 | 2014年04月>>

【2014年05月31日】

『藤岡みなみの穴場ハンターが行く!in北海道』*出版記念トーク&サイン会

 道内の有名スポットの「穴場」を紹介したエッセーの著者で、穴場ハンターの藤岡みなみさんが、心に残るエピソードや、たどり着くコツ、心得を教えます。
 ▽会期 6月7日(土)午後4時開演▽会場 紀伊国屋書店札幌本店1階インナーガーデン(中央区北5西5sapporo55ビル)◇参加方法 紀伊国屋書店札幌本店で『藤岡みなみの穴場ハンターが行く!in北海道』(北海道新聞社刊)を事前購入した先着100人に整理券を配布、当日持参者を対象◇問い合わせ 北海道新聞社出版センター(電)011・210・5744(月―金、午前9時30分〜午後5時30分)
 主催 北海道新聞社

上に戻る  

【2014年05月30日】

第28回ビホロ100キロデュアスロン大会

 ◇期日 8月17日(日)◇競技 ▽1部(100キロ)▽2部(90キロ)▽ジュニア(7キロ)▽チーム(90キロ、2人一組)。オホーツク管内美幌町柏ケ丘陸上競技場発着◇参加資格 ▽1部=高校生を除く18歳以上▽2部=男子は50歳以上、女子は高校生を除く18歳以上▽ジュニア=小学3〜6年生▽チーム=中学生以上◇参加料 1、2部1万2千円(レセプション費含む)、チーム1万6千円(同)、ジュニア2千円◇定員 先着で1、2部、チームは計300人、ジュニア50人◇申し込み 道新本・支社などで配布の所定用紙に参加費を添え7月2日必着で大会事務局(〒092・0032 美幌町西1南5 美幌町トレーニングセンター内 (電)0152・73・4117)かインターネットhttp://runnet.jp/
 主催 ビホロ100キロメートルデュアスロン大会実行委員会
 共催 美幌町、美幌町教育委員会、北海道新聞社

上に戻る  

【2014年05月28日】

第76回大雪山山開き縦走登山会

 ◇日程 ▽6月28日(土)=午後1時30分旭川市役所前集合、バスで各登山口の温泉に移動・泊▽29日(日)=早朝登山開始。午後6時北海道新聞旭川支社前解散◇コース・参加料 《1》旭岳温泉―旭岳―中岳―黒岳―層雲峡=1万9千円《2》層雲峡―黒岳―中岳―旭岳―旭岳温泉=1万9千円《3》高原温泉―緑岳―赤岳―銀泉台=1万8千円◇募集人員 《1》《2》コース各先着45人、《3》コース先着40人。中学生以上で、中学生は保護者同行◇申し込み 土日を除く午前9時30分から午後5時30分に、道新旭川支社事業「登山会」係(旭川市4の9、旭川北洋ビル6階(電)0166・21・2525)へ◇支払い方法 《1》銀行振り込み=北洋銀行本店営業部、普通6434215、(株)北海道新聞社旭川支社(振込手数料は申込者負担)《2》参加料を道新旭川支社事業に持参
 主催 北海道新聞旭川支社、旭川市、東川町、上川町、大雪広域観光圏推進協議会
 主管 旭川山岳会

上に戻る  

【2014年05月27日】

いつでもどこでも「どうしん電子版」*6月2日スタート*本紙購読で利用できます

 6月2日、もう一つの北海道新聞が誕生します。パソコンやスマートフォン、タブレット端末で、いつでもどこでも、北海道新聞が読める「どうしん電子版」です。本紙購読者なら簡単な会員登録だけで利用できます。2日以降、会員になってご利用ください。
 電子版はデジタル技術を生かし、従来の新聞にはない機能がつきます。触れるだけで記事中の難解な言葉の意味などが表示される用語解説機能、気になった記事を簡単に保存できるスクラップ機能、最大36カ面の道内各地の朝刊地方版を、当日を含め8日分読める「紙面ビューアー」などです。
 電子版に掲載された記事は原則1年間蓄積され、検索機能を使えば関連記事を集めることができます。リポート作成などに役立つでしょう。
 希望すれば重大ニュースやプロ野球北海道日本ハムの試合結果などがほぼリアルタイムで届くメールサービスもあります。
                  ◇
 「どうしん電子版」の登録方法は2日朝刊の「道新ぷらす」で詳しくお知らせします。
 お問い合わせは電子メディア局(電)011・210・5504(月―金曜は午前10時から午後5時、土日は休み)へ。

meijiカップ

 日本女子プロゴルフ協会公認のトーナメントを開催します。
 ◇期日 ▽予選=8月8日(金)、9日(土)▽決勝=10日(日)◇会場 札幌国際カントリークラブ島松コース(北広島市島松49)◇入場料 予選2千円、決勝3千円。高校生以下、70歳以上、障害者手帳持参者は無料。前売り券はいずれも2千円で札幌・道新プレイガイド、ローソンチケット、チケットぴあ、セブンイレブンなどで発売中◇問い合わせ 同大会事務局(電)011・214・5242(土・日、祝日を除く午前9時30分〜午後5時30分)◇ホームページ http://uhb.jp/mc2014/
 主催 北海道新聞社、北海道文化放送、道新スポーツ
 特別協賛 明治グループ

きたまえ↑アニソン野外ライブ「アニフォレ」

 マンガ・アニメフェスティバル「きたまえ↑」の野外ライブを開催します。
 ◇期日 9月14日(日)、15日(月)午後3時開演◇会場 札幌芸術の森野外ステージ(南区芸術の森2)◇出演 水木一郎、高橋洋子、藍井エイル、LiSA、FLOWほか◇前売り券 椅子指定席8千円、芝生自由席5千円、同2日間共通9千円。ローソンチケットで31日(土)から発売◇問い合わせ きたまえ↑事務局(ハンドクラップ内)(電)011・615・7001(土・日、祝日を除く午前11時〜午後6時)
 主催 札幌マンガ・アニメフェスティバル実行委(北海道新聞社、STV札幌テレビ放送、札幌芸術の森)

上に戻る  

【2014年05月26日】

東北の被災児童を北海道に*募金にご協力を

 北海道新聞社と北海道新聞社会福祉振興基金は、東日本大震災の被災児を北海道に招く「北海道〜東北・こども笑顔プロジェクト」を今年も応援します。同プロジェクトは「一般社団法人北海道広域避難アシスト協会」(札幌)と道新社会福祉振興基金が道内のNPO法人などに呼び掛けて行うものです。皆さまのあたたかいご協力をお願いします。
 ◇受付口座 ゆうちょ銀行 口座記号・番号 02730―5―76823(加入者名「公益財団法人 北海道新聞社会福祉振興基金」、払込料金は各自ご負担)。寄付金は税法上の控除対象となります。払込取扱票通信欄に「東日本大震災支援」と記し、領収書の送り先を書き添えてください。寄付者の居住市区町村と氏名(匿名希望明記)、金額を基金のホームページに掲載します。
 ◇受付期間 5月26日から7月31日
 ◇問い合わせ先 事務局(道新社会福祉振興基金)(電)011・210・5751(平日午前9時30分〜午後5時30分)、ファクス011・210・5759、メールfukushi@hokkaido−np.co.jp
 北海道新聞社
 公益財団法人北海道新聞社会福祉振興基金

上に戻る  

【2014年05月25日】

第27回南部忠平記念陸上競技大会兼3か国交流陸上競技大会

 今年から中国・韓国の選手を迎え、3か国交流陸上競技大会として開催します。
 ◇期日 7月12日(土)午前10時◇会場 札幌市円山競技場(中央区宮ケ丘3番地)◇種目 100メートル、400メートル、三段跳び、やり投げほか◇前売り券 一般スタンド=千円、芝=600円。高校生以下無料。札幌・道新プレイガイドほかで発売中◇問い合わせ 北海道陸上競技協会(電)011・520・7801(平日午前9時〜午後5時)
 主催 北海道新聞社、北海道陸上競技協会、北海道体育協会、北海道文化放送、道新スポーツ
 後援 日本陸上競技連盟ほか
 協力 日本航空

上に戻る  

【2014年05月21日】

「どうしん電子版」 6月2日スタート

 北海道新聞社の新しいメディア「どうしん電子版」が6月2日スタートします。購読者なら、会員登録するだけでパソコンやタブレット端末、スマートフォンで、いつでもどこでも、北海道新聞の記事が読めます。ご利用ください。
■用語解説が充実
 電子版にはさまざまな機能があります。たとえば用語解説。TPPや集団的自衛権など記事に登場する言葉は、その部分にカーソルや指を当てるだけで意味や解説が表示されます。
 記事のスクラップも簡単な操作でできます。
■全地方版ひと目
 最大36カ面の朝刊地方版の記事が紙面と同じイメージで読むこともできます。地方版には各地のニュースのほか、観光に役立つ情報もあります。故郷などの近況に触れられるだけでなく、旅行のガイドブックとしても重宝するはずです。
■速報はメールで
 ご希望により重大事故や事件、ワールドカップサッカーの日本戦の試合結果など、ほぼリアルタイムで届く速報メールを受けられます。
■会員登録2日から
 会員登録は2日の電子版スタートとともに開始します。家族会員制度もあり、購読者本人以外に同居する家族3人まで会員登録でき、同時に4人が利用できます。団体・法人は対象外です。
                  ◇
 6月中に会員登録すると、抽選で賞品が当たるキャンペーンも実施します。
 お問い合わせは電子メディア局(電)011・210・5504(月―金曜は午前10時から午後5時、土日・祝日は休み)へ。

上に戻る  

【2014年05月15日】

帝国データバンク情報統括部長 藤森徹氏が講演*道政経懇話会6月6日に例会

 北海道政経懇話会(代表幹事・村田正敏北海道新聞社長)は、6月6日正午から札幌プリンスホテル国際館パミール(中央区南2西12)で6月例会を開きます。信用調査会社・帝国データバンク情報統括部長の藤森徹氏(50)が「生き残る会社、つぶれる会社〜経営者に共通する10のポイント〜」と題して講演します。
 関西大卒業後、アパレルメーカー勤務を経て1992年に帝国データバンクに入社。企業倒産を専門に扱う情報部に20年以上在籍し、数千社に及ぶ倒産事例を取材してきました。経済誌への執筆のほか講演やセミナーにも積極的に取り組んでいます。兵庫県生まれ。
                  ◇
 北海道政経懇話会は会員制(会費・月額8千円)です。北海道新聞情報サービス(電)011・241・2470へお申し込みください。

2014国立ボリショイサーカス

 ◇会期 7月31日(木)〜8月3日(日)開演時間《1》午前10時《2》午後2時(8月1、2日は午前9時30分、午後1時、同4時30分)。全10回公演◇会場 ケーズデンキ月寒ドーム(札幌市豊平区月寒東3の11)◇入場料(全席指定) S席5500円(小学生以下4800円)、A席4700円(同4千円)、スタンド席3500円(同2900円)、2歳以下は保護者1人につき1人無料。入場券はローソンチケット、チケットぴあほかで5月18日から発売◇問い合わせ 北海道文化放送事業部(電)011・214・5261(土・日、祝日を除く午前9時30分〜午後5時30分)
 主催 北海道新聞社、北海道文化放送

上に戻る  

【2014年05月14日】

道新杯争奪第54回北海道実業団卓球選手権大会・第19回支部対抗卓球大会

 ◇期日 25日(日)午前9時◇会場 札幌市中央体育館(中央区大通東5)◇種目 男女各団体戦◇競技方法 4シングルス、1ダブルス。予選リーグ、決勝トーナメント◇観戦無料◇その他 実業団大会は第64回全日本実業団卓球選手権大会(7月17〜20日、愛媛県)の予選を兼ねる◇問い合わせ 道卓球連盟(電)011・823・2651(火〜金、午前10時〜午後5時)
 主催 北海道新聞社、北海道卓球連盟

上に戻る  

【2014年05月13日】

道新フォーラム「伊藤整文学賞25年の歩み」

 小樽ゆかりの作家で評論家の伊藤整を顕彰する伊藤整文学賞が今年、25回目を迎えます。市民が手作りで守り続けてきた同賞が今回で終了するのを機に、四半世紀にわたり同賞が日本の文学界で担ってきた役割や地元・小樽に残した財産などを振り返ります。
 ◇とき 6月13日(金)午後2時◇ところ 小樽市民センター・マリンホール(色内2)◇基調講演 池澤夏樹さん(第5回評論部門受賞)◇パネリスト 角田光代さん(第22回小説部門受賞)、黒井千次さん(作家、第1回からの選考委員)、菅野昭正さん(文芸評論家、同)、井上一郎さん(伊藤整文学賞の会会長)◇コーディネーター 竹田智・北海道新聞文化部長◇入場無料、定員450人◇申し込み 郵便番号、住所、氏名、電話番号を書き、はがき(〒060・8711 札幌市中央区大通西3の6、道新情報サービス)か、電子メール(doshin−f@dii.co.jp)で。5月30日必着。抽選の上、当選者には入場整理券を郵送します。問い合わせは(電)011・241・2471(平日午前9時30分〜午後5時30分)へ。電話での申し込みはできません。
 主催 北海道新聞社、伊藤整文学賞の会、小樽市

上に戻る  

【2014年05月08日】

パナソニック汐留ミュージアム所蔵 ジョルジュ・ルオー展

 20世紀を代表するフランスの宗教画家ルオー。初期から晩年までの画業を約100点の作品で紹介します。
 ◇会期 7月3日(木)〜8月24日(日)午前10時〜午後8時。7月21日を除く月曜日休館◇会場 釧路市立美術館(幣舞町4)◇入場料 一般1100円(900円)、高大生600円(400円)、中学生300円(200円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。小学生以下無料(保護者同伴)。前売り券は釧路市生涯学習センター、釧路市内プレイガイド、ローソンチケットなどで発売中◇ホームページ http://event.hokkaido-np.co.jp/rouault◇問い合わせ 同美術館(電)0154・42・6116
 主催 北海道新聞社、釧路市立美術館、同展実行委員会、釧路市民文化展実行委員会

上に戻る  

【2014年05月03日】

トーベ・ヤンソン生誕100年記念 MOOMIN!ムーミン展

 フィンランドのタンペレ市立美術館・ムーミン谷博物館より、日本初公開の原画約150点を含む約200点の作品を紹介します。
 ▽会期 7月23日(水)〜8月4日(月)午前10時〜午後8時(7月27日、8月3日は午後7時30分、最終日は同4時閉場)入場は閉場30分前まで▽会場 丸井今井札幌本店大通館9階催事場(中央区南1西2)◇入場料 一般・大学生800円(600円)、中高生600円(400円)、小学生以下無料。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。前売り券は札幌・道新プレイガイドなどで発売中◇ホームページ http://event.hokkaido-np.co.jp/moomin◇問い合わせ 丸井今井札幌本店(電)011・205・1151
 主催 北海道新聞社

上に戻る  

【2014年05月02日】

第42回釧路湿原マラソン

 ◇期日・会場 7月27日(日)午前9時30分(ウオーク30キロは同6時)スタート、釧路市民陸上競技場◇種目・参加資格 ▽30キロ=高校生を除く18歳以上▽10キロ=高校生以上▽3キロ=小学3年生以上▽親子(3キロ)=子供は小学生以上▽ウオーク(30キロ、15キロ)=高校生以上◇参加料 ▽30キロ=4千円▽10キロ=一般2500円、高校生千円▽3キロ=一般1500円、高校生千円、中学生以下800円▽親子=1800円▽ウオーク=一般1500円、高校生千円◇申し込み 5月7日から6月6日(消印有効)までに釧路市役所、北海道新聞本・支社などで配布の所定郵便振替用紙か、インターネットhttp://runnet.jp/で◇問い合わせ 釧路湿原マラソン実行委員会事務局(電)0154・31・1230
 主催 釧路市、釧路市教育委員会、釧路市スポーツ振興財団、北海道新聞社ほか

上に戻る  

<<2014年06月 | 2014年04月>>