北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

<<2017年05月 | 2017年03月>>

【2017年04月28日】

第45回釧路湿原マラソン

 ◇期日 7月30日(日)午前9時30分スタート◇会場 釧路市民陸上競技場(広里13)◇種目・参加資格 ▽30キロ=高校生を除く18歳以上▽10キロ=高校生以上▽3キロ=小学3年生以上ほか◇参加料 ▽30キロ=5千円▽10キロ=一般3千円、高校生千円▽3キロ=一般2千円、高校生千円、小中生800円ほか◇申し込み 5月8日から6月9日(消印有効)までに道新本・支社などで配布の所定郵便振替用紙か、大会ホームページhttp://www.kushiroshitsugen-marathon.jp/で◇問い合わせ 大会事務局(電)0154・31・1230(土・日、祝日を除く午前10時〜午後5時)
 主催 釧路市、同市教委、釧路地方陸上競技協会、釧路市スポーツ振興財団、北海道新聞社ほか

上に戻る  

【2017年04月26日】

放浪の天才画家 山下清展

 「日本のゴッホ」とも称された山下清。代名詞にもなっている貼り絵を中心に、愛用品や本人のコメントなどでその生涯を振り返ります。
 ◇会期 ▽7月1日(土)〜9月3日(日)午前9時30分〜午後5時。祝日を除く月曜日と7月18日は休館◇会場 道立帯広美術館(緑ケ丘2(電)0155・22・6963)◇入場料 一般1100円(900円)、高大生600円(400円)、中学生300円(200円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。小学生以下無料(保護者同伴)。前売り券は同美術館、札幌・道新プレイガイドなどで発売中◇ホームページ http://event.hokkaido-np.co.jp/kiyoshi/
 主催 北海道新聞社、道立帯広美術館、帯広市、帯広市教委、同展実行委

上に戻る  

【2017年04月22日】

北海道新聞社員を募集*30日応募締め切り

 北海道新聞社は記者職、写真記者職、営業職、技術職の社員を募集します。
 【入社日】2018年4月1日。ただし、既卒者は早期に入社していただく場合もあります。
 【職種】◇記者職◇写真記者職◇営業職(販売、広告、事業、管理の各部門)◇技術職(新聞製作系ほか各システムの運行・管理・開発)
 【資格】1987年4月2日以後に生まれた方。
 【募集人員】各職種とも若干名。
 【応募方法】当社ホームページ(http://dd.hokkaido-np.co.jp)の「採用情報」または「マイナビ」からプレエントリーを行ったうえで、マイページよりWebエントリーシートを提出してください。インターネット環境のない方は総務局へ請求してください。※書類選考を行います。応募書類は返却しません。
 【1次試験】◇記者職・写真記者職 6月4日(日)◇営業職・技術職は5月上旬までに適性テストを受けていただきます。※詳細は、応募締め切り後、書類選考通過者に連絡します。
 【締め切り】プレエントリー、エントリーシートの提出とも4月30日(日)です(郵送の場合は当日消印有効)。
 【問い合わせ先】〒060・8711 (住所不要)北海道新聞社総務局 採用担当 (電)011・210・5511

上に戻る  

【2017年04月21日】

上村松園・松篁・淳之展

 三代にわたり日本画を描く上村松園、松篁、淳之の絵画世界を奈良県松伯美術館の作品を中心に日本画、下絵、素描など約80点で紹介します。
 ◇会期 7月7日(金)〜8月20日(日)午前9時30分〜午後5時。祝日を除く月曜日と7月18日休館◇会場 道立旭川美術館(常磐公園内(電)0166・25・2577)◇入場料 一般1200円(千円)、高大生700円(500円)、中学生400円(300円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。小学生以下無料(要保護者同伴)。前売り券は同美術館、札幌・道新プレイガイドなどで発売中◇ホームページ http://event.hokkaido-np.co.jp/uemura/
 主催 北海道新聞社、道立旭川美術館、同展実行委

道新フォーラム「地域の鉄道はどうあるべきか」

 JR北海道が「単独では維持困難な路線」を公表し、道内路線の見直しを進めています。バス転換や、自治体が施設の維持費を負担する「上下分離」方式も浮上する中、人口減少時代における鉄道のあるべき姿、地域の足をどう確保するかについて考えます。
 ◇とき 5月15日(月)午後3時〜5時半◇ところ 道新ホール(札幌市中央区大通西3)◇基調講演 藻谷浩介氏(日本総合研究所主席研究員)◇パネリスト 高橋はるみ氏(北海道知事)、棚野孝夫氏(北海道町村会長、釧路管内白糠町長)、石崎仁志氏(北海道運輸局長)、島田修氏(JR北海道社長)◇コーディネーター 小磯修二氏(前釧路公立大学長)◇入場無料、定員650人◇申し込み 住所、氏名、電話番号を書き、はがき(〒060・8711 札幌市中央区大通西3 道新情報サービス、道新フォーラム係)か、電子メール(doshin−f@dii.co.jp)で30日必着。同伴は1人までで、その方の住所、氏名、電話番号も明記してください。抽選の上、入場整理券を郵送します。問い合わせは(電)011・241・2471(平日午前9時半〜午後5時半)へ。
 主催 北海道新聞社

上に戻る  

【2017年04月20日】

花フェスタ2017

 <旭川会場>
 ◇会期 6月14日(水)〜18日(日)午前9時(初日は同10時)〜午後5時◇会場 旭川大雪アリーナ(旭川市神楽4の7)◇内容 花市場、花のミニ講座、フラワーステージなど
 <札幌会場>
 ◇会期 6月24日(土)〜7月2日(日)午前10時〜午後6時(最終日は同5時)◇会場 札幌・大通公園西4〜8丁目◇内容 北海道農業高校生ガーデニングコンテスト、北海道蘭大賞(6月28日〜7月2日、札幌駅前通地下広場憩いの空間北1条イベントスペース)、花市場など
 ◇問い合わせ 旭川推進室(電)0166・24・5285。札幌事務局(電)011・792・7570
 主催 花フェスタ旭川実行委員会、同札幌実行委員会、北海道新聞社

上に戻る  

【2017年04月14日】

第36回インターナショナルオホーツクサイクリング2017参加者募集

 ◇期日 ▽7月7日(金)〜9日(日)=7日は開会式・前夜祭◇コース・定員・参加料 ▽フルコース(8日、9日)=212キロ(雄武町―北見市常呂町―斜里町)千人、大人1万7千円、小中学生1万円▽牧歌コース(8日)=53キロ(雄武町―紋別市)300人、8千円▽満喫コース(8日)=133キロ(雄武町―北見市常呂町)300人、1万円▽メルヘンコース(9日)=41キロ(網走市―斜里町)300人、6千円。いずれも小・中学生のみの参加は不可◇申し込み 6月4日までに専用払込用紙かホームページhttp://gogookhotsk.jp/で◇問い合わせ 実行委(電)0152・54・1361(土・日、祝日を除く午前8時45分〜午後5時30分)
 主催 北海道新聞社、オホーツクサイクリング実行委員会、日本サイクリング協会

上に戻る  

【2017年04月13日】

道新住まいと暮らしのフェア2017

 ◇期日 5月20日(土)、21日(日)午前10時〜午後5時(21日は同4時)◇会場 つどーむ(札幌市東区栄町885)◇内容 住宅メーカーや設備・リフォーム企業などのブース、キャラクターショーなどのステージイベント、抽選会ほか◇入場無料◇問い合わせ 同フェア事務局(日本経済社内)(電)011・206・6616(土・日、祝日を除く午前10時〜午後5時)
 主催 北海道新聞社

上に戻る  

【2017年04月12日】

ニッポンハムレディスクラシック

 日本女子プロゴルフ協会公認のトーナメントを開催します。
 ◇会期 ▽予選=7月7日(金)、8日(土)▽決勝=9日(日)◇会場 アンビックス函館倶楽部上磯ゴルフコース(北斗市柳沢323)◇入場料 当日券3千円。保護者同伴の高校生以下は無料。前売り券は2千円で札幌・道新プレイガイド、ローソンチケット、チケットぴあ、セブンイレブンなどで発売中◇問い合わせ 同大会事務局(電)03・6430・9557(土・日、祝日を除く午前10時〜午後6時)
 主催 日本ハム、北海道新聞社

ニッポンの写実 そっくりの魔力

 思わず目を疑うほど本物そっくりな絵画や彫刻、映像作品など約80点を紹介します。
 ◇会期 6月10日(土)〜8月20日(日)午前9時30分〜午後5時。祝日を除く月曜日と7月18日休館◇会場 道立函館美術館(函館市五稜郭町37 (電)0138・56・6311)◇入場料 一般1100円(900円)、高大生600円(400円)、中学生300円(200円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。小学生以下無料(保護者同伴)。前売り券は道立函館美術館、道新函館支社などで発売中
◇ホームページ http://event.hokkaido-np.co.jp/sokkuri/
 主催 北海道新聞社、道立函館美術館、同展実行委員会

上に戻る  

【2017年04月07日】

第49回道新杯全道民謡決勝大会

 ◇期日 6月4日(日)午前10時◇会場 道新ホール(札幌市中央区大通西3)◇部門 《1》全国民謡《2》江差追分《3》北海道民謡◇出場者 全道13地区の各代表者◇入場料 前売り2300円、当日2400円。全席自由。前売り券は札幌・道新、大丸(大丸藤井内)各プレイガイドで発売中◇問い合わせ 札幌地区民謡連合会 (電)011・769・0871(水・土・日、祝日を除く午前10時30分〜午後3時)
 主催 北海道新聞社、北海道民謡連盟
 主管 札幌地区民謡連合会

北海道新聞社員を募集*4月30日応募締め切り

 北海道新聞社は記者職、写真記者職、営業職、技術職の社員を募集します。
 【入社日】2018年4月1日。ただし、既卒者は早期に入社していただく場合もあります。
 【職種】◇記者職◇写真記者職◇営業職(販売、広告、事業、管理の各部門)◇技術職(新聞製作系ほか各システムの運行・管理・開発)
 【資格】1987年4月2日以後に生まれた方。
 【募集人員】各職種とも若干名。
 【応募方法】当社ホームページ(http://dd.hokkaido-np.co.jp)の「採用情報」または「マイナビ」からプレエントリーを行ったうえで、マイページよりWebエントリーシートを提出してください。インターネット環境のない方は総務局へ請求してください。※書類選考を行います。応募書類は返却しません。
 【1次試験】◇記者職・写真記者職 6月4日(日)◇営業職・技術職は5月上旬までに適性テストを受けていただきます。※詳細は、応募締め切り後、書類選考通過者に連絡します。
 【締め切り】プレエントリー、エントリーシートの提出とも4月30日(日)です(郵送の場合は当日消印有効)。
 【問い合わせ先】〒060・8711 (住所不要)北海道新聞社総務局 採用担当 (電)011・210・5511

上に戻る  

【2017年04月06日】

車いすも歓迎! ウオーク&ラン大会に出よう*4月17日にどうしん☆スポーツサロン

 障害者スポーツを応援する北海道新聞社主催の「第8回どうしん☆スポーツサロン」が17日午後6〜7時、道新プラザDO―BOX(札幌市中央区大通西3、北海道新聞社1階)で開かれる。
 今回は生活用の車いすでも参加できる「第11回さっぽろトリム&ラン+ウオーク」(6月11日、札幌・真駒内公園特設コース)をバイク冒険家の風間深志さんと市民ランナーズクラブ「作.AC北海道」の作田徹監督が紹介する。
 参加無料(定員60人)。申し込みは、郵便番号、住所、氏名、参加希望人数を明記し、はがきは〒060・0002 札幌市中央区北2西2の29の1、札幌ウイングビル5階オールプロデュース内「どうしん☆スポーツサロン」《8》係、ファクスは011・251・6561、メールはinfo@all−produce.co.jpへ。定員を超えた場合は抽選。11日必着。

第28期女流王位戦第2局

 ◇期日 5月12日(金)午前9時対局開始◇会場 小樽朝里クラッセホテル(小樽市朝里川温泉2)◇対局者 里見香奈女流王位、伊藤沙恵女流二段。対局は非公開◇立会人 木村一基八段◇大盤解説会 午後3時、同ホテル「フーシー」。解説は木村八段、聞き手は久津知子女流二段。入場無料。定員200人(当日受け付け、先着順)◇インターネット中継 どうしんウェブ・電子版で◇問い合わせ 道新事業センター(電)011・210・5731(土・日、祝日を除く午前9時30分〜午後5時30分)
 主催 北海道新聞社、日本将棋連盟、日本女子プロ将棋協会
 後援 日将連道支部連合会
 協力 小樽朝里クラッセホテル

上に戻る  

【2017年04月05日】

第58回北海道書道展

 招待作家・招待会員・会員作品231点、会友作品506点、公募から選ばれた入賞・入選作品943点を展示します。
 ◇会期・会場 ▽招待・会員=26日(水)〜30日(日)、札幌市民ギャラリー(中央区南2東6)▽入賞・入選=5月3日(水)〜7日(日)、同ギャラリー▽会友=5月5日(金)〜9日(火)、札幌パークホテル(中央区南10西3)。各会場とも午前10時〜午後6時(最終日は同4時)◇入場料 500円(3会場共通)。高校生以下無料。前売り券は300円で札幌・道新プレイガイド、道新各支社(苫小牧・北見は道新文化センター)で発売中◇問い合わせ 道新文化事業社(電)011・210・5735(土・日、祝日を除く午前9時30分〜午後5時30分)
 主催 北海道新聞社
 後援 北海道、道書道連盟

上に戻る  

【2017年04月04日】

ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

 8月26日(土)〜10月15日(日)、道立近代美術館(札幌市中央区北1西17)。同館開館40周年と北海道新聞社創業130周年を記念し、「ゴッホ展」を開催します。

北海道立近代美術館開館40周年/北海道新聞社創業130周年記念*ゴッホ展 巡りゆく日本の夢

 日本初のファン・ゴッホ美術館(オランダ)との国際共同プロジェクトで、日本初公開を含むゴッホ作品約40点と関連浮世絵など計約180点でゴッホと日本の関係に迫ります。
 ◇会期 8月26日(土)〜10月15日(日)午前9時30分〜午後5時(金曜は午後7時30分)。入場は閉館30分前まで。祝日を除く月曜と9月19日、10月10日休館◇会場 道立近代美術館(札幌市中央区北1西17(電)011・644・6882)◇入場料 一般1500円(1300円)、高大生800円(600円)、中学生600円(400円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。小学生以下無料(要保護者同伴)。前売り券は札幌・道新プレイガイドなどで発売中◇その他 会期中に一部作品を展示替えします◇ホームページ http://gogh-japan.jp/
 主催 北海道新聞社、道立近代美術館、NHK札幌放送局、NHKプラネット北海道
 特別協賛 大和ハウス工業
 協賛 損保ジャパン日本興亜

上に戻る  

<<2017年05月 | 2017年03月>>