北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

 2018年01月>>

【2018年02月23日】

いきいきトークカフェ「函館で豊かな人生を送る」

 道内で初めて国の形成事業に認定されたCCRC(生涯活躍のまち)の「函館日吉コミュニティエリア(コンテ日吉)」を完成に先立ち紹介します。
 ◇期日 3月17日(土)《1》午前10時《2》午後1時30分の2回◇会場 北海道新聞社7階特別会議室(札幌市中央区大通西3)◇講演内容 「CCRCで暮らすということ」斎藤征人氏(道教大函館校准教授)、「住民が主役の地域づくり」清水玲子氏(北海道二十一世紀総研客員研究員)、「コンテ日吉とは」佐藤邦広氏(ハーモニー統括管理部長)◇定員 各30人◇参加無料◇申し込み はがきに郵便番号、住所、氏名、電話番号、希望の回を書き、3月7日必着で〒040・8688 道新函館支社営業部「いきいき」係(電)0138・32・6669(土・日を除く午前9時30分〜午後5時30分)。抽選で参加券を送ります
 主催 北海道新聞函館支社
 後援 函館市
 協賛 善智会
 協力 北海道二十一世紀総研

上に戻る  

【2018年02月21日】

「マンガ・アニメdeパラスポーツ〜パラグラフィックス展の舞台裏は」*3月1日にどうしん☆スポーツサロン

 障害者スポーツを応援する北海道新聞社主催の「第14回どうしん☆スポーツサロン」が3月1日午後6時〜7時、北海道新聞社本社2階B・C会議室(札幌市中央区大通西3)で開かれる。
 パラグラフィックス展は、マンガやアニメ、写真でパラスポーツの魅力を発信するイベント。1、2日に、「あしたのジョー」のちばてつやさん、「キャプテン翼」の高橋陽一さんらが手がけた作品の展示会が、道新プラザDO―BOX(北海道新聞社1階)で開かれる。午前10時からで、1日は午後8時まで、2日は6時まで、入場無料。
 サロンでは、今回のパラグラフィックス展を企画した、大日本印刷(DNP)の矢野孝さん(部長兼東京アニメセンターinDNPプラザマネジャー)、浜崎克敏さん(部長兼オリパラ事業開発本部)が、作家がパラスポーツを描くことになったきっかけや苦労話などを語る。司会はバンクーバーパラリンピック・パラアイスホッケー銀メダリストの永瀬充北海道新聞パラスポーツアドバイザー。
 サロンは参加無料で定員60人(定員を超えた場合は抽選)。希望者は、郵便番号、住所、氏名、参加希望人数を明記し、はがきは〒060・0001 札幌市中央区北1西7あおいビル8階オールプロデュース内「どうしん☆スポーツサロン」《14》係へ、FAXは011・251・6561へ、メールはinfo@all−produce.co.jpへ。2月26日必着。
 問い合わせはオールプロデュース内「どうしん☆スポーツサロン」係(電)011・252・6930(平日)へ。

上に戻る  

【2018年02月16日】

金融庁長官 森信親氏が講演*道政経懇話会3月9日に例会

 北海道政経懇話会(代表幹事・広瀬兼三北海道新聞社社長)は、3月9日正午から京王プラザホテル札幌(札幌市中央区北5西7)で3月例会を開きます。金融庁長官の森信親氏(60)が、「日本経済と金融の好循環」と題し講演します。
 東大教養学部を卒業し、旧大蔵省(現財務省)に入省。主計局や銀行局を経て2006年に金融庁に移り総務企画局統括審議官から検査局局長、監督局長を歴任。15年7月から現職。
 業務の象徴だった検査局を18年度に廃止し、金融機関育成を優先する同庁の抜本的な組織改革を推進しています。東京都出身。
                  ◇
 北海道政経懇話会は会員制(会費・月額8千円)です。北海道新聞情報サービス(電)011・241・2475(平日午前9時30分〜午後5時30分)へお申し込みください。

上に戻る  

【2018年02月15日】

北海道マラソン2018

 ◇期日 8月26日(日)午前9時スタート◇コース 札幌・大通公園発着◇種目・定員・参加料 ▽フルマラソン(大会当日、高校生を除く満19歳以上で5時間以内に完走できる方。インターネットは先着1万6750人、郵送は抽選250人)=1万1千円▽ファンラン12・1キロ(大会当日満16歳以上で1時間45分以内に完走できる方。インターネットのみで抽選3千人)=5千円◇申し込み 3月4日(日)午後6時から大会ホームページで。郵送は専用申込書を5日(月)〜19日(月)必着でインフォメーションセンター(〒150・0001 東京都渋谷区神宮前2の4の12、DT外苑)へ◇合同開催 はまなす車いすマラソン2018。午前8時30分スタート◇問い合わせ インフォメーションセンター(電)0570・047・033(土・日を除く午前10時〜午後5時)
 主催 北海道マラソン2018組織委員会(北海道陸上競技協会、北海道新聞社、北海道文化放送、エフエム北海道、道新スポーツ、北海道、札幌市ほか)
 後援 観光庁、日本陸上競技連盟、日本ブラインドマラソン協会

上に戻る  

【2018年02月07日】

第31回春一番伊達ハーフマラソン

 ◇期日 4月15日(日)午前10時50分、だて歴史の杜大手門前スタート(伊達市松ケ枝町34)◇種目 ▽3キロ=小・中学男女▽5キロ=一般男女▽10キロ=一般男女、高校男子、車いす▽ハーフマラソン=一般男女(定員2500人、先着順。制限時間2時間30分)◇参加料 3キロ1500円、5キロ・10キロ3千円、ハーフマラソン4千円◇申し込み 大会ホームページ参照◇問い合わせ 同実行委員会事務局(電)090・9527・8460
 主催 伊達ハーフマラソン実行委員会、北海道新聞社
 主管 室蘭地方陸上競技協会

上に戻る  

【2018年02月05日】

第38回千歳JAL国際マラソン

 ◇期日 6月3日(日)◇コース 千歳市青葉公園スタート、同市スポーツセンターフィニッシュ◇種目・定員・参加料 ▽フルマラソン(高校生以上、5千人)=6千円▽ハーフマラソン(同、3900人)=5千円▽10キロ(中学生以上、2千人)=3300円ほか。高校生以下は1800円◇申し込み 9日から大会ホームページなどで。先着順で定員になり次第締め切り◇問い合わせ 大会事務局(電)0123・24・2320(日・月、祝日を除く午前8時45分〜午後5時15分)
 主催 千歳市体育協会、日本航空、北海道新聞社、道新スポーツ
 主管 同実行委、千歳陸協

上に戻る  

【2018年02月02日】

ウエルネスセミナー2018

 ◇期日 3月2日(金)午後2時◇会場 札幌エルプラザ3階ホール(北区北8西3)◇内容 ▽「人生と健康―北海道に住んで気づいたこと」千堂あきほ氏(女優・タレント)▽「がんを防ごう―最新の予防法と治療」岩本進(北海道新聞社生活部編集委員)◇定員 200人◇体験教室(セミナー受講が条件) 「身体理解による介護予防」二ツ森竜也氏(日本介護協会北海道支部長)3月6日(火)午後1時30分、道新プラザDO―BOX(札幌市中央区大通西3)で実施◇定員 50人◇入場無料◇申し込み・問い合わせ はがきに郵便番号、住所、氏名、年齢、電話番号、体験教室参加希望の有無を記入し、2月20日必着で〒060・8711 道新事業センター「ウエルネスセミナー」係(電)011・210・5733(土・日、祝日を除く午前9時30分〜午後5時30分)。ファクス011・210・4457も可。抽選で参加券を送ります。
 主催 北海道新聞社、住友生命福祉文化財団
 後援 札幌市
 協賛 住友生命保険札幌支社

上に戻る  

【2018年02月01日】

2018函館マラソン

 ◇期日 7月1日(日)午前9時ハーフ、同9時10分フルスタート◇コース 函館市千代台公園陸上競技場発着コース◇定員 フル・ハーフ各4千人程度(先着順)◇参加資格 フル5時間以内、ハーフ3時間以内の走力がある18歳以上の男女◇参加料 フル9千円、ハーフ5千円◇申し込み 2月19日午後9時からインターネットのマラソンエントリーサイト「ランネット」などから◇問い合わせ 函館市教委スポーツ振興課内事務局(電)0138・21・3576(土・日、祝日を除く午前9時〜午後5時)
 主催 道南陸上競技協会、北海道新聞函館支社、函館市、函館市教委、大会実行委員会

上に戻る  

 2018年01月>>