北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

<<2018年08月 | 2018年06月>>

【2018年07月25日】

第52回北海道オープンゴルフ選手権競技

 ◇期日 31日(火)〜8月2日(木)午前7時◇会場 桂ゴルフ倶楽部(苫小牧市植苗577)◇競技方法 54ホールズストロークプレー。36ホール終了時60位タイまでが決勝ラウンドに進出◇賞金総額 800万円(優勝160万円)◇観戦無料◇その他 アマ上位3人は全国都道府県対抗アマゴルフ選手権(10月24〜25日、兵庫県)に道代表として出場◇問い合わせ 道ゴルフ連盟(電)011・221・4564(土・日を除く午前9時〜午後5時)
 主催 道ゴルフ連盟、北海道新聞社

上に戻る  

【2018年07月20日】

「平均時速30キロ以上〜車いすマラソンの魅力とパラアスリートの肉体」*8月9日に「どうしん☆スポーツサロン」

 障害者スポーツを応援する北海道新聞社主催の「第17回どうしん☆スポーツサロン」が8月9日午後6時〜7時、道新プラザDO―BOX(札幌市中央区大通西3、北海道新聞社1階)で開かれる。
 「平均時速30キロ以上〜車いすマラソンの魅力とパラアスリートの肉体」がテーマ。1996年アトランタパラリンピック車いすマラソン銀メダルの室塚一也さん(美唄)、室塚さんと長年の親交がある障がい者スポーツ医の森田肇さん(札幌・広田医院副院長)に、競技の楽しさや選手の身体、障害について語ってもらう。8月26日に北海道マラソンと同時開催される、はまなす車いすマラソンの観戦ポイントも紹介する。
 司会はバンクーバーパラリンピック・パラアイスホッケー銀メダリストの永瀬充北海道新聞パラスポーツアドバイザー。
 サロンは参加無料で定員60人(定員を超えた場合は抽選)。希望者は、郵便番号、住所、氏名、参加希望人数を明記し、はがきは〒060・0001 札幌市中央区北1西7あおいビル8階オールプロデュース内「どうしん☆スポーツサロン」《17》係へ、ファクスは011・251・6561へ、メールはinfo@all−produce.co.jpへ。8月1日必着。
 問い合わせはオールプロデュース内「どうしん☆スポーツサロン」係(電)011・252・6930(平日)へ。

2018道新・UHB花火大会

 ◇期日 7月27日(金)午後7時40分打ち上げ開始。荒天の場合は8月10日(金)に延期◇会場 札幌・豊平川南大橋―幌平橋間◇内容 3部構成で約4千発を打ち上げ◇その他 会場周辺は交通規制を実施。駐車場なし。公共交通機関のご利用を。会場でのドローン等の使用を禁止します◇問い合わせ 道新事業センター(電)011・210・5733(土・日を除く午前9時30分〜午後5時30分)。当日の開催可否は専用電話0180・99・3776、どうしん電子版でも確認可
 主催 北海道新聞社、北海道文化放送
【写真説明】昨年の道新・UHB花火大会

上に戻る  

【2018年07月18日】

7月29日に道新フォーラム*「北海道150年」

 1869年(明治2年)の北海道命名から150年を迎えたのを機に、これまでの歩みを振り返り、今後のあり方を考える道新フォーラム「北海道150年」(主催・北海道新聞社)が7月29日午後1時半から、道新ホール(札幌市中央区大通西3)で開かれる。
 北海道博物館の石森秀三館長が「『北海道150年』とこれからの北海道」と題して基調講演。続くパネルディスカッションでは、石森館長をはじめ、クリプトン・フューチャー・メディアの伊藤博之社長、高橋はるみ知事、ノンフィクション作家の保阪正康さんが、北海道の課題や将来像について話し合う。
 入場無料、定員650人。参加希望者は、住所、氏名、電話番号を書き、はがき(〒060・8711 札幌市中央区大通西3 道新情報サービス、道新フォーラム係)か、電子メール(doshin−f@dii.co.jp)で申し込む。18日必着。同伴する場合は、同伴者の住所、氏名、電話番号も明記する。抽選の上、入場整理券を郵送する。問い合わせは(電)011・241・2471(平日午前9時半〜午後5時半)へ。

上に戻る  

【2018年07月12日】

道新フォーラム「北海道150年」

 明治政府が「蝦夷地(えぞち)」と呼ばれた大地を「北海道」と命名して、今年で150年を迎えました。国主導の開拓によって北海道は急速に発展した一方、アイヌ民族を迫害した歴史もあります。150年の節目に、これまでの北海道の歩みを振り返るとともに、今後の課題や将来像について考えます。
 ◇とき 7月29日(日)午後1時半〜4時半◇ところ 道新ホール(札幌市中央区大通西3)◇基調講演 石森秀三氏(北海道博物館館長)◇パネリスト 伊藤博之氏(クリプトン・フューチャー・メディア社長)、高橋はるみ氏(北海道知事)、保阪正康氏(ノンフィクション作家)、石森秀三氏◇コーディネーター 三浦辰治(北海道新聞報道センター長)◇入場無料、定員650人◇申し込み 住所、氏名、電話番号を書き、はがき(〒060・8711 札幌市中央区大通西3 道新情報サービス、道新フォーラム係)か、電子メール(doshin−f@dii.co.jp)で18日必着。同伴する場合は、同伴者の住所、氏名、電話番号も明記してください。抽選の上、入場整理券を郵送します。問い合わせは(電)011・241・2471(平日午前9時半〜午後5時半)へ。

「西日本豪雨」救援金受け付け

 西日本を中心とした記録的な豪雨により各地で被害が拡大しています。被災者のために、北海道新聞社と北海道新聞社会福祉振興基金は救援金を受け付け、日本赤十字社を通じて被災地に届けます。北海道新聞社も100万円を拠出します。道民の皆さんの温かいご協力をお願いいたします。
 ◇受付口座 ゆうちょ銀行 口座記号・番号 02730―5―76823(加入者名『道新福祉基金』。払込料金は各自ご負担)。寄付金は税法上の控除対象となります。払込取扱票通信欄に「西日本豪雨救援」と記し、領収書の送り先を書き添えてください。寄付者の居住市区町村と氏名(匿名希望の場合は明記を)、金額を基金のホームページに掲載します。
 ◇受付期間 11日〜8月31日
 ◇問い合わせ先 道新社会福祉振興基金(電)011・210・5751(平日午前9時30分〜午後5時30分)、ファクス011・210・5759、メールfukushi@hokkaido−np.co.jp
 北海道新聞社
 北海道新聞社会福祉振興基金

上に戻る  

【2018年07月10日】

バイヤーズマーケット北海道2018

 道内外の農産品や物産品などの事業者103社が出展し、バイヤー向けの商談会と消費者向けの販売会を開催します。
◇期日 19日(木)〜22日(日)午前10時〜午後5時(最終日は同4時)◇会場 アクセスサッポロ(白石区流通センター4)◇内容 ▽19日、20日=バイヤーデー 出展各社とバイヤーの商談会。バイヤーのみ入場可▽21日、22日=ユーザーデー 出展各社の商品を一般販売◇入場無料◇問い合わせ バイヤーズマーケット事務局分室(ノヴェロ内)(電)011・281・6631(土・日、祝日を除く午前10時〜午後5時)、会期中は(電)011・861・3210(午前9時〜午後5時)
 主催 北海道新聞社
 共催 札幌産業流通振興協会、フジサンケイビジネスアイ

上に戻る  

【2018年07月09日】

「将棋日本シリーズ テーブルマークこども大会」北海道大会出場者募集

 ◇期日・会場 9月29日(土)午前10時、札幌コンベンションセンター(白石区東札幌6の1)◇部門 小学3年以下(未就学児可)、同4〜6年◇参加無料◇申し込み方法 所定の申込書で9月18日(消印有効)までに〒163・8691 新宿郵便局私書箱第39号、将棋日本シリーズ中央事務局(電)0570・077・644(土・日、祝日を除く午前10時〜午後6時)へ。申込書は道新本・支社などで配布。「将棋日本シリーズ」公式ホームページからも可。先着700人に参加証を送ります
 主催 日本将棋連盟、北海道新聞社
 協賛 JT、テーブルマーク

上に戻る  

【2018年07月06日】

第56回有島青少年文芸賞 作品募集

 ◇対象 道内在住の中・高生とこれに準じる年齢の人◇作品 小説、詩、評論、随想、シナリオ、戯曲など。400字詰め原稿用紙18枚以上20枚以内で縦書き(詩も同様の枚数が必要)◇選考委員 吉井よう子氏(作家)、見延典子氏(同)、加藤多一氏(同)、斉藤佳典(道新文化部長)◇賞 最優秀賞1編、優秀賞3編、佳作約10編◇発表 12月上旬の道新紙上◇応募方法 作品表紙に所定の応募用紙を添付し、10月1日必着で〒060・8711 道新事業センター「有島青少年文芸賞」係(電)011・210・5731へ。応募用紙は道新本・支社かホームページで。受賞作品の版権は主催者に属し、応募作品は返却しません
 主催 北海道新聞社
 後援 北海道教育委員会

上に戻る  

【2018年07月05日】

第42回北海道囲碁まつり

 ◇期日 22日(日)午前10時◇会場 日本棋院道本部囲碁会館(札幌市中央区北4西6 毎日札幌会館6階)【段級位認定大会】▽クラス・参加料 5級以下1650円、2級〜4級1850円、1級2150円、初段2700円、二段3200円、三段3700円、昼食付き▽競技方法 変則リーグ4回戦、1段・級差1子のハンディ戦。4級以上は4勝、5級以下は3勝で1クラス上の段級位を贈呈【世界アマ選手権北海道大会】▽参加料 3600円、昼食付き▽競技方法 互先、先番6目半コミ出し、トーナメント戦。上位2人に9月15、16日に東京で行われる全国大会の出場権◇申し込み・問い合わせ 20日までに日本棋院道本部(電)011・219・2340
 主催 北海道新聞社
 主管 日本棋院北海道本部

上に戻る  

<<2018年08月 | 2018年06月>>