北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

 2018年07月>>

【2018年08月13日】

NIE第4回北海道セミナー

 学校で新聞を活用するNIE(Newspaper In Education=「教育に新聞を」)の普及、拡大に取り組む北海道NIE推進協議会(北海道新聞社を含む報道13社などで構成)は、NIE第4回北海道セミナー「子どもの力を伸ばすNIE」を開きます。2020年度から新学習指導要領が順次、小中高で推進する「主体的・対話的で深い学び」とNIEの親和性について講演します。講演後、参加者がグループ討議を行います。入場無料。
 ◇期日 8月17日(金)午後1時開始◇会場 北海道新聞社7階特別会議室(札幌市中央区大通西3)◇講演▽教育ジャーナリスト渡辺敦司氏(石狩管内当別町出身)「新学習指導要領とNIE」
 ◇参加申し込み・問い合わせ 北海道NIE推進協議会事務局(北海道新聞社内、(電)011・210・5802、ファクス011・210・5826)へ
 後援 北海道教育委員会、札幌市教育委員会ほか

上に戻る  

【2018年08月09日】

北大名誉教授*伊福部達氏が講演*道政経懇話会8月28日に例会

 北海道政経懇話会(代表幹事・広瀬兼三北海道新聞社社長)は、8月28日正午から札幌プリンスホテル(札幌市中央区南2西12)で8月例会を開きます。北大、東大各名誉教授の伊福部達氏(72)が「高齢社会を豊かにする福祉AI技術」と題し講演します。
 日高管内平取町出身で、北大大学院から同大電子科学研究所教授などを経て、東大高齢社会総合研究機構特任研究員も務めています。障害者や高齢者の生活を支援する福祉工学を研究し、音声タイプライターや人工内耳といったさまざまな機器を開発しました。
 北大時代に樺太アイヌの言語を録音した「ピウスツキの蝋管」を復元。NHKの依頼で制作した緊急地震速報のメロディーは、「ゴジラ」の映画音楽を担当した叔父の故伊福部昭さんの作品が基になっています。
                  ◇
 北海道政経懇話会は会員制(会費・月額8千円)です。北海道新聞情報サービス(電)011・241・2475(平日午前9時30分〜午後5時30分)へお申し込みください。

上に戻る  

【2018年08月06日】

夏休み将棋まつり

 ◇期日 13日(月)、14日(火)。いずれも午前10時30分◇会場 さっぽろ東急百貨店9階(札幌市中央区北4西2)◇出場棋士 屋敷伸之九段、丸山忠久九段、村山慈明七段、長岡裕也五段、石田直裕五段、中村真梨花女流三段、石高澄恵女流二段、久津知子女流二段◇内容 席上対局・大盤解説、指導対局ほか◇来場者大会 ▽13日=道新杯(小学生、オープン、二段獲得戦)▽14日=日将連北海道支部連合会杯(小中学生、一般、初段獲得戦)。両日とも各部先着50人で午前10時受け付け開始◇入場・参加無料◇問い合わせ さっぽろ東急百貨店(電)011・212・2211
 主催 日本将棋連盟、北海道新聞社
 協力 日本将棋連盟北海道支部連合会

上に戻る  

【2018年08月03日】

西日本豪雨救援金1200万円超える 8月31日まで受け付け中

 北海道新聞社と北海道新聞社会福祉振興基金が募っている「西日本豪雨救援金」は7月31日までに1239万9725円に達し、第1次分として日本赤十字社に送りました。救援金は8月31日まで受け付け、日本赤十字社を通じて被災地に届けます。道民の皆さんのご協力を引き続きお願いいたします。
 ◇受付口座 ゆうちょ銀行 口座記号・番号 02730―5―76823(加入者名「道新福祉基金」。振込手数料は各自ご負担)。寄付金は税法上の控除対象となります。払込取扱票通信欄に「西日本豪雨救援」と記し、領収書の送り先を書き添えてください。寄付者の居住市町村と氏名(匿名希望の場合は明記を)、金額を基金のホームページに掲載します。
 ◇問い合わせ先 道新社会福祉振興基金(電)011・210・5751(平日午前9時30分〜午後5時30分)、ファクス011・210・5759、メールfukushi@hokkaido−np.co.jp
 北海道新聞社
 北海道新聞社会福祉振興基金

上に戻る  

【2018年08月02日】

内閣官房長官 菅義偉氏が講演*道政経懇話会8月21日に特別例会

 北海道政経懇話会(代表幹事・広瀬兼三北海道新聞社社長)は、内閣官房長官の菅義偉氏(69)を講師に招き、8月特別例会を21日正午から札幌グランドホテル(札幌市中央区北1西4)で開きます。
 法政大卒業後、横浜市議を経て1996年の衆院選に神奈川2区から自民党公認で出馬して初当選。第1次安倍晋三内閣で総務相として初入閣し、2012年に第2次安倍内閣の官房長官に起用され官邸主導の政権運営を支えています。
 政府のアイヌ文化復興政策も担当し、20年4月に胆振管内白老町に開設する「民族共生象徴空間」の整備や、アイヌ民族に関する新法制定に取り組んでいます。秋田県出身。
                  ◇
 北海道政経懇話会は会員制(会費・月額8千円)です。問い合わせは北海道新聞情報サービス(電)011・241・2475(平日午前9時30分〜午後5時30分)へ。

上に戻る  

 2018年07月>>