北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

 2019年07月>>

【2019年08月23日】

来月から朝刊連載*本心*作・平野啓一郎 画・菅実花

 ご愛読いただいている中村文則さん・作、宮島亜希さん・画の「逃亡者」は9月5日で終了し、6日から平野啓一郎さん・作、菅実花さん・画による「本心」が始まります。仮想現実をつくる技術などが進歩した近未来の社会を舞台に、人間の心について考える物語です。ご期待ください。
 北海道新聞社
 作家の言葉 私たちの生を、さながら肯定する思想を考え続けています。主人公は、愛する母親を亡くしたあと、仮想現実によって再現された母親と生活することになります。その過程で見えてくる母の本心と、自分の心の変化が主題です。乞うご期待!
 平野 啓一郎(ひらの・けいいちろう) 1975年、愛知県蒲郡市生まれ。北九州市育ち。京都大在学中の99年、デビュー作「日蝕(にっしょく)」で芥川賞。著書に小説「マチネの終わりに」(渡辺淳一文学賞)、「ある男」(読売文学賞)、新書「『カッコいい』とは何か」など。東京都在住。
 画家の言葉 私は人工生命の在り方に関心を持って、現代美術の領域で作品を発表してきました。「本心」の主題の中にも自身と通底する問題意識を感じています。連載を通して徐々に展開していく物語からイメージを広げて挿絵に取り組みます。
 菅 実花(かん・みか) 1988年、横浜市生まれ。美術作家。東京芸術大大学院博士後期課程(先端芸術表現専攻)に在学。共著に「〈妊婦〉アート論」。原爆の図丸木美術館で今年6〜7月、個展「The Ghost in the Doll」を開催。千葉県在住。

上に戻る  

【2019年08月19日】

「メダリスト対談〜パラリンピックの魅力と裏話」 9月9日にどうしん☆スポーツサロン

 障害者スポーツを応援する北海道新聞社主催の「第23回どうしん☆スポーツサロン」が9月9日午後6〜7時、道新プラザDO―BOX(札幌市中央区大通西3、北海道新聞社1階)で開かれる。
 「メダリスト対談〜パラリンピックの魅力と裏話」がテーマ。網走市出身のパラアルペンスキーヤーで、昨年の平昌大会まで4大会連続でパラリンピックに出場し、金メダル3個、銅メダル1個の狩野亮選手、パラアイスホッケーで4度パラリンピックに出場し、2010年バンクーバー大会で銀メダルの永瀬充・北海道新聞パラスポーツアドバイザーが出演。メダル獲得までの道のりや、選手村での生活、来シーズンの展望などについて話す。
 参加無料で定員60人(定員を超えた場合は抽選)。希望者は、郵便番号、住所、氏名を明記し、はがきは〒060・0001 札幌市中央区北1西7あおいビル8階オールプロデュース内「どうしん☆スポーツサロン」《23》係へ、ファクスは011・251・6561へ、メールはinfo@all−produce.co.jpへ。QRコードからアクセスできるウェブページからも応募できる。9月3日必着。
 問い合わせはオールプロデュース内「どうしん☆スポーツサロン」係(電)011・252・6930(平日)へ。

スイーツガーデンさっぽろ

 ◇会期 8月23日(金)〜27日(火)午前11時〜午後9時(25日のみ午前9時〜午後7時)◇会場 札幌市北3条広場「アカプラ」◇内容 道内人気菓子店22ブランドのスイーツ販売、肉を中心に扱った11ブランドの飲食ブースの出店◇問い合わせ 北海道新聞社(電)011・210・5733(土・日を除く午前9時30分〜午後5時30分)会期中は(電)090・1304・7010
 主催 同実行委員会(札幌市、札幌商工会議所、札幌観光協会、北海道新聞社ほか)

上に戻る  

【2019年08月13日】

道新フォーラム「北海道の未来とSDGs」

 国際社会が2030年の達成を目指す「持続可能な開発目標(SDGs=エスディージーズ)」。私たちの暮らす北海道で何ができるのか、考えます。
 ◇とき 8月29日(木)午後2時半◇ところ ホテルオークラ札幌(札幌市中央区南1西5)◇あいさつ 鈴木直道・北海道知事◇基調講演 水野雅弘氏(TREE代表)、金井信宏氏(環境省中部地方環境事務所資源循環課長、元ニセコ町企画環境課参事)◇プレゼンテーション 市立札幌開成中等教育学校の4年生4人◇パネルトーク 渡辺訓男氏(北海道総合政策部計画推進課主幹)、山本照二氏(道東SDGs推進協議会事務局長)、橋長真紀子氏(札幌学院大経営学部教授)、関口裕士(北海道新聞編集委員)、コーディネーター=水野雅弘氏◇入場無料、定員250人◇申し込み 住所、氏名、電話番号を書き、はがき(〒060・8711 札幌市中央区大通西3 北海道新聞ホットメディア「道新フォーラム」係)かファクス(050・3153・1672)、電子メール(doshin−f@hotmedia.jp)で23日必着。抽選の上、入場整理券を郵送します。問い合わせは(電)011・241・2471(平日午前9時半〜午後5時半)へ。
 主催 北海道新聞社
 共催 北海道

上に戻る  

【2019年08月05日】

夏休み将棋まつり

 ◇期日 12日(月)、13日(火)。いずれも午前10時30分◇会場 さっぽろ東急百貨店9階(札幌市中央区北4西2)◇出場棋士 広瀬章人竜王、屋敷伸之九段、佐々木慎六段、高野智史四段、山本博志四段、石高澄恵女流二段、久津知子女流二段、貞升南女流初段◇内容 席上対局・大盤解説、指導対局ほか◇来場者大会 ▽12日=道新杯(小学生、オープン、二段獲得戦)▽13日=日将連北海道支部連合会杯(小中学生、一般、初段獲得戦)。両日とも各部先着50人で午前10時受け付け開始◇入場・参加無料◇問い合わせ さっぽろ東急百貨店(電)011・212・2211
 主催 日本将棋連盟、北海道新聞社
 協力 日本将棋連盟北海道支部連合会

上に戻る  

【2019年08月02日】

道知事 鈴木直道氏が講演*道政経懇話会8月23日に例会

 北海道政経懇話会(代表幹事・広瀬兼三北海道新聞社社長)は、23日午後3時から札幌グランドホテル(札幌市中央区北1西4)で8月例会を開きます。道知事の鈴木直道氏(38)が「北海道・新時代の創造に向けて」と題して講演します。
 鈴木氏は2004年、東京都庁に勤めながら法政大法学部を卒業。08年、東京都から夕張市に派遣され、11年に当時全国最年少の30歳1カ月の若さで夕張市長に初当選しました。15年には再選を果たしました。
 今年春の道知事選に無所属で立候補。16年ぶりとなった新人同士の争いを制して、全国最年少の知事となりました。埼玉県出身。
                  ◇
 北海道政経懇話会は会員制(会費・月額8千円)です。北海道新聞ホットメディア(電)011・241・2475(平日午前9時30分〜午後5時30分)へお申し込みください。

上に戻る  

【2019年08月01日】

「将棋日本シリーズ」北海道大会

 ◇期日・会場 8月31日(土)、札幌コンベンションセンター(白石区東札幌6の1)◇内容 ▽テーブルマークこども大会=午前10時。参加申し込みは8月19日までにホームページか所定のはがきで▽JTプロ公式戦=午後3時10分。広瀬章人竜王対久保利明九段。大盤解説・松尾歩八段、聞き手・宮宗紫野女流二段◇観戦無料◇問い合わせ 大会事務局(電)03・5166・0290(土・日、祝日を除く午前10時〜午後6時)
 主催 日本将棋連盟、北海道新聞社
 協力 日本将棋連盟北海道支部連合会
 協賛 JT、テーブルマーク

上に戻る  

 2019年07月>>