北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

<<2020年04月 | 2020年02月>>

【2020年03月30日】

統合編集システムを朝日新聞社と共同開発 富士通が構築(2020/3/30)

 株式会社北海道新聞社(代表取締役社長・広瀬兼三、札幌市中央区)と株式会社朝日新聞社(代表取締役社長・渡辺雅隆、東京都中央区)は、コンテンツの出稿からデジタル編集を一貫して行える「統合編集システム」を共同開発することで合意し、3月30日に、システム構築を担う富士通株式会社(代表取締役社長・時田髏m、東京都港区)と三社でシステム開発の基本契約書を交わしました。

 本格的な5G時代を迎えるにあたり、紙媒体だけでなく動画を含むさまざまなデジタルコンテンツへの需要が高まっています。北海道新聞社と朝日新聞社でも、時代のニーズを捉え、電子版などデジタル分野への注力を進めています。一方で、これまでのデジタル発信のシステムは、新聞制作を中心にした記事や写真などの素材編集やデータベース管理といった各システムを複雑に組み合わせなければならず、コンテンツ管理が分散し、どのコンテンツがどのメディア(紙面、デジタル、外部メディアなど)に発信されたのかさえたどりにくくなっていました。

 新たに開発する「統合編集システム」では、今後新しく制作される動画を含むコンテンツを出稿、編集、発信するだけでなく、コンテンツを一元管理し、これまでに蓄積された過去の貴重な記事や写真などのコンテンツも利活用できる仕組みとします。新聞制作を基軸とした従来のシステムを刷新し、デジタルメディアを含むマルチメディアでの配信を実現するインフラを目指します。また、クラウド上でシステム構築することで、メディアの変革にも対応できる拡張性、柔軟性の確保と、システム完成後の維持管理コスト低減を図ります。

 ブロック紙の北海道新聞社と全国紙の朝日新聞社の知見と富士通の技術力で、業界初の高い汎用性を実現する「統合編集システム」を開発し、広く利用しやすいシステムを目指します。なお、本システムは2022年度中(決算期3月末)の稼働を予定しています。

【 統合編集システムとは 】

 動画を含むコンテンツを出稿、編集、発信するだけでなく、一元管理をすることにより、これまでに蓄積されたコンテンツも活用できるシステムです。特に動画については、5G時代における動画需要に対応し、既存の動画編集ツールと新システムを接続することで、動画も文章や写真と同じようにシステムに登録、編集、流通できる仕組みを実現します。また、クラウド上にシステムを構築することで、開発プロセスの自動化などクラウドで提供される機能を最大限に生かし、システムの完成後、新聞社側での維持管理コストを低減できます。さらに、システムを共用することで、維持管理にかかるコストを導入企業間で分け合える効果も期待できます。また、記事の要約などができるAI技術を活用し、業務効率化を図っていきます。



システムイメージ図
システムイメージ図

お問い合わせ先

北海道新聞社 法務広報グループ 011-210-5587
朝日新聞社 広報部 03-5540-7617
富士通株式会社 富士通コンタクトライン(総合窓口) 0120-933-200

上に戻る  

【2020年03月26日】

find・H*注目プロジェクト*「車イスで入れる美味しいお店」協賛店舗を応援したい!

 札幌のバリアフリー情報満載のグルメサイト「車イスで入れる美味(おい)しいお店」を運営する一般社団法人スポットウォーキングさっぽろが、新型コロナウイルスの影響で困っている飲食店の支援プロジェクトを立ち上げました。
 スポットウォーキングさっぽろが目指す「優しいまちづくりのための福祉活動」を、日頃から支えている飲食店が苦境に立たされているのを目の当たりにし、応援を呼びかけています。賛同者には、支援金額の10%が上乗せされたお食事券などをリターン品として用意しています。締め切りは4月15日(水)です。
 「優しいまちづくり」に協力する店舗への温かい支援をお待ちしています。
                  ◇
 北海道新聞社のクラウドファンディング「ファインド・エイチ」は、夢をかなえたい人とその夢を応援したい人をつなぎます。詳しくは「ファインド・エイチ」で検索を。

第35回北海道新聞短歌賞・俳句賞の作品募集

 第35回北海道新聞短歌賞・俳句賞の作品を募集します。2020年から歌集、句集に加え、作品集も受け付けます。
 ◇応募対象 短歌賞、俳句賞ともに2019年8月21日から20年8月20日までに出版された歌集および句集。もしくは、短歌100首、俳句300句(未発表、既発表は問わない)の作品集。合同歌句集、合同作品集は受け付けない。原則として道内在住者、または道内に3年以上居住したことのある人。
 ◇応募方法 歌句集5冊、または作品集5部を提出する。A4判の紙に、縦書きで1ページ当たり10首、20句をパソコン、ワープロなどで印字する。表紙を付け、ホチキスなどでしっかりとじ、冊子状にする。全体のタイトルもつける。手書きは受け付けない。郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、略歴(道外在住者は道内居住歴も明示)を書いた紙を添え、〒060・8711(住所不要)北海道新聞文化部「北海道新聞短歌賞係」か「俳句賞係」へ。締め切りは8月20日(当日消印有効)。
 ◇選考委員(五十音順) ▽短歌賞 田中綾(北海学園大教授)時田則雄(歌人)西勝洋一(同)松川洋子(同)▽俳句賞 清水道子(俳人)辻脇系一(同)永野照子(同)の各氏。
 ◇賞 両賞の受賞作に正賞(ブロンズレリーフ)と副賞(50万円)、佳作は記念品と副賞(15万円)。
 ◇発表 10月下旬以降の北海道新聞紙上。
 ◇その他 応募作品は返却しない。他の賞に二重応募した場合、無効となる。
 ◇問い合わせ 北海道新聞文化部(電)011・210・5600。応募要領はどうしん電子版にも掲載している。
 北海道新聞社

上に戻る  

【2020年03月25日】

第54回北海道新聞文学賞作品募集

 第54回北海道新聞文学賞の作品を募集します。
 ◇創作・評論部門 未発表作は400字詰め原稿用紙換算で50〜150枚以内。既発表作は2019年8月21日〜20年8月20日発行の単行本、同人誌などの掲載作。短編集は応募作1編を指定する。
 ◇詩部門 編数に制限はないが、詩集に限る。既発表作は19年8月21日〜20年8月20日発行の詩集で、合同詩集は対象外。
 ◇応募資格 原則として道内在住者、または道内に3年以上居住したことのある人。
 ◇応募方法 作品5部を提出する。両部門とも未発表作はパソコンなどで印字し、表紙を付け、ひもなどでしっかりとじる。手書き作品は受け付けない。郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号、略歴(道外在住者は道内居住歴も明示)を書いた紙を添え、〒060・8711(住所不要)北海道新聞文化部「北海道新聞文学賞係」の各部門へ。締め切りは8月20日(当日消印有効)。
 ◇選考委員(五十音順) ▽創作・評論 川村湊(評論家)桜木紫乃(作家)久間十義(同)李恢成(同)▽詩 笠井嗣夫(詩人)工藤正廣(同)松尾真由美(同)の各氏。
 ◇賞 受賞作に正賞(ブロンズレリーフ)と副賞(創作・評論100万円、詩50万円)、佳作は記念品と副賞(創作・評論20万円、詩15万円)。
 ◇発表 10月下旬以降の北海道新聞紙上。
 ◇その他 応募作品は返却しない。他の賞に二重応募した場合、無効となる。
 ◇問い合わせ 北海道新聞文化部(電)011・210・5600。応募要領はどうしん電子版にも掲載している。
 北海道新聞社

上に戻る  

【2020年03月23日】

4月の道政経懇は中止します

 北海道政経懇話会(代表幹事・広瀬兼三北海道新聞社社長)は、将棋棋士の木村一基王位を講師に招いて4月7日に札幌市内で開く予定だった4月例会を中止します。新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐためです。木村さんには後日、改めて講演をお願いする考えです。

上に戻る  

【2020年03月16日】

北海道新聞社員を募集*3月25日応募締め切り

 北海道新聞社は、2021年卒業予定者と既卒者を対象に、記者職、写真記者職、営業職の社員を募集します。
 【入社日】21年4月1日または20年10月1日。既卒者はさらに早期に入社していただく場合があります。
 【職種】◇記者職◇写真記者職◇営業職(販売、広告、事業、管理の各部門)
 【資格】1990年4月2日以後に生まれた方。記者、ライター、カメラマンや営業、またはデジタル・IT分野などで、通算3年以上の社会人経験がある方は年齢を問いません。
 【募集人員】合計約20人。
 【応募方法】当社ホームページ(https://www.hokkaido-np.co.jp/)の「採用情報」または「マイナビ」からプレエントリーを行ったうえで、マイページよりWebエントリーシートを提出してください。※書類選考を行います。応募書類は返却しません。
 【採用試験】試験の詳細は、書類選考通過者にマイページで連絡します。
 【締め切り】プレエントリー、エントリーシートの提出とも3月25日(水)です。
 【問い合わせ先】北海道新聞社経営管理局採用担当(電)011・210・5511

上に戻る  

【2020年03月13日】

find・H*注目プロジェクト*道南の縄文遺跡の世界遺産登録に向けて新たなお土産をつくりたい!

 今年1月、政府は「北海道・北東北縄文遺跡群」の2021年世界遺産登録を目指し、ユネスコに推薦状を提出しました。
 縄文にちなんだお土産を作ることで登録活動を応援しようと考えたのは、函館市の北村修一さん。北村さんは、函館で90年続くベーカリー「キングベーク」で商品開発を担当しています。縄文人が食べたと思われる食材で、おいしいお菓子を模索中です。パッケージデザインを引き受けてくれたのは、かわいいキャラクターを多数作り出してきた函館出身のデザイナー「ひづめみか〜る」さんです。
 お土産の売り上げの一部は、世界遺産登録に向けた活動に役立ててもらいます。老舗ベーカリーの職人と売れっ子デザイナーが、一緒になって作り出す縄文お土産プロジェクトを、どうか応援してください。
                  ◇
 北海道新聞社のクラウドファンディング「ファインド・エイチ」は、夢をかなえたい人とその夢を応援したい人をつなぎます。詳しくは「ファインド・エイチ」で検索を。

上に戻る  

【2020年03月09日】

道新文化センターは3月31日まで休講します

 新型コロナウイルスの感染拡大防止のため道新文化センターは全道の拠点ですべての講座を臨時休講していますが、休講期間を3月31日まで延長します。
 感染はいまだに収まらず、北海道は緊急事態宣言を発表するなどの対策を続けています。受講生や講師のみなさんの健康を守り、さらなる感染の拡大を防ぐためにはやむを得ないと判断しました。
 職員は勤務を続け、窓口や電話での対応に当たっており、4月1日からの新年度の講座の申し込みも受け付けています。問い合わせは道新文化センター・札幌大通教室(電)011・241・0123、または道内の各拠点へ。
 道新文化センター

上に戻る  

【2020年03月06日】

中高生向け教材 電子版で無料公開

 北海道新聞社は、新型コロナウイルス対策で臨時休校となった中高生に向け、どうしん電子版会員専用の学習教材「読解力トレーニング」を4月5日まで会員以外にも無料で公開しています。
 道新の記事を使い、2人の元中学教諭が国語のテスト方式で問題を作成したものです。また、道新記事を使った小中学生向けの教材「道新でワークシート」は従来通り、どなたでも使えます。
 いずれもどうしん電子版(https://www.hokkaido−np.co.jp/)内の「お知らせ」からご覧ください。問い合わせは企画室デジタル推進本部(電)011・210・6115(平日午前9時半〜午後5時半)へ。

上に戻る  

【2020年03月02日】

75周年記念全道展 作品募集

 未来を担う美術家を育てるために今回展から23歳以下の出品料を減額し、賞を新設します。
 ◇部門 絵画、版画、彫刻、工芸◇出品料 3点まで8千円。23歳以下(1997年4月2日以降生まれ)は同2千円。いずれも追加1点ごとに千円◇搬入日時・場所 6月2日(火)、3日(水)、午前10時〜午後5時、札幌市民ギャラリー(中央区南2東6)◇賞 75周年記念賞、全道美術協会賞、北海道新聞社賞、八木賞、佳作賞、奨励賞、北海道美術館協力会賞(23歳以下対象)、新人賞(同)。入賞・入選作品は6月10日(水)〜21日(日)同ギャラリーで展示し、図録に作品写真を掲載◇出品規約・目録 道新本・支社で配布中。全道美術協会ホームページからもダウンロード可◇問い合わせ 道新文化事業社(電)011・210・5735(土・日、祝日を除く午前9時30分〜午後5時30分)
 主催 全道美術協会、北海道新聞社

上に戻る  

<<2020年04月 | 2020年02月>>