北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

<<2021年05月 | 2021年03月>>

【2021年04月30日】

第一生命経済研究所 永浜利広氏が講演*道政経懇話会5月18日に例会

 北海道政経懇話会(代表幹事・広瀬兼三北海道新聞社社長)は、5月18日午後0時30分から札幌ビューホテル大通公園(札幌市中央区大通西8)で5月例会を開きます。第一生命経済研究所首席エコノミストの永浜利広さんが「コロナ禍と今後の経済見通し」と題し講演します。
 1971年、栃木県生まれ。東大大学院経済学研究科修士課程修了。95年、第一生命に入社し、経済統計やマクロ経済の実証分析の専門家として各種メディアで活躍しています。近著に「経済危機はいつまで続くか コロナ・ショックに揺れる世界と日本」(平凡社新書)があります。
 例会はコロナウイルス感染防止の観点から講演のみとし、食事はありません。
                  ◇
 北海道政経懇話会は会員制です(例会が食事付きの場合は会費月額8千円、食事なしの場合は同5500円)。
 北海道新聞ホットメディア(電)011・241・2475(平日午前9時30分〜午後5時30分)へお申し込みください。

写真甲子園2021 作品募集

 ◇応募資格 全国の高校写真部やサークルなど。1校1チーム(3人)◇作品 生徒本人が入学後撮影した6〜8枚の組み写真で未発表のもの。1校1作品でテーマは自由。白黒・カラーともサイズは六つ切りからワイド六つ切りまたはA4。加工は禁止◇応募方法 所定の応募票を作品に添付し、作品画像データを保存したCDかDVDを同封して5月20日必着で〒071・1423 東川町東町1 写真甲子園事務局(電)0166・82・2111(土・日、祝日を除く午前8時30分〜午後5時15分)◇審査 写真家・立木義浩氏らによる非公開の初戦審査会、オンラインによるブロック審査会で本戦出場校を選出。本戦は7月27日〜30日に東川町などで開催
 主催 写真甲子園実行委員会(東川町、北海道新聞社ほか)
 特別協賛 キヤノンマーケティングジャパン

上に戻る  

【2021年04月26日】

安野モヨコ展 ANNORMAL

 数々のヒット作を生み出してきた漫画家・安野モヨコの画業30周年を記念して、作品原画約500点を展示します。
 ◇会期 7月16日(金)〜9月20日(月)午前9時30分〜午後5時。月曜(8月9日、16日、9月20日を除く)と8月10日休館◇会場 道立釧路芸術館(釧路市幸町4 (電)0154・23・2381)◇観覧料 一般1100円(900円)、高大生600円(400円)、中学生300円(200円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。小学生以下無料(要保護者同伴)。前売り券は同芸術館などで発売中
 主催 北海道新聞社、道立釧路芸術館、釧路市、釧路市教委、同展実行委

上に戻る  

【2021年04月23日】

江口寿史イラストレーション展 彼女

 ギャグ漫画家としてデビューし、イラストレーターとしても活躍する江口寿史氏。女性の美しさを果てなく追い求めた40年の軌跡を紹介します。
 ◇会期 7月10日(土)〜9月5日(日)午前9時30分〜午後5時。8月9日を除く月曜と同10日休館◇会場 道立旭川美術館(常磐公園内(電)0166・25・2577)◇観覧料 一般1200円(千円)、高大生700円(500円)、中学生400円(300円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。小学生以下無料(要保護者同伴)。前売り券は同美術館などで発売中
 主催 北海道新聞社、道立旭川美術館、同展実行委員会

上に戻る  

【2021年04月21日】

へそまがり日本美術 禅画からヘタウマまで

 日本美術史上に点在する「へそまがりな感性」に着目し、中世の禅画から現代のヘタウマ作品まで約100点を展示します。
 ◇会期 ▽前期=7月17日(土)〜8月9日(月)▽後期=8月11日(水)〜9月1日(水)。午前9時30分〜午後5時(金曜は同7時30分)。8月9日を除く月曜と同10日休館。前・後期で作品約20点を入れ替えます◇会場 道立近代美術館(札幌市中央区北1西17(電)011・644・6882)◇観覧料 一般1600円(1400円)、高大生800円(600円)、中学生600円(400円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。小学生以下無料(要保護者同伴)。前売り券は札幌・道新プレイガイドなどで発売中
 主催 道立近代美術館、北海道新聞社、STV札幌テレビ放送
 企画協力 府中市美術館

上に戻る  

【2021年04月19日】

第32期女流王位戦第2局

 ◇期日 5月18日(火)午前9時対局開始◇会場 京王プラザホテル札幌(中央区北5西7)◇対局者 里見香奈女流王位、山根ことみ女流二段。対局は非公開◇立会人 屋敷伸之九段◇大盤解説会(事前申し込み) 同日午後3時、同ホテル「プラザホール」。解説は屋敷伸之九段、聞き手は久津知子女流二段。入場無料。定員100人(応募多数の場合は抽選)。詳しくは「どうしん電子版 お知らせ」で◇その他 対局の模様をどうしん電子版で中継します◇問い合わせ 道新文化事業社(電)011・241・5161(土・日・祝日を除く午前9時30分〜午後5時30分)
 主催 北海道新聞社、日本将棋連盟、日本女子プロ将棋協会
 後援 日本将棋連盟北海道支部連合会
 特別協力 京王プラザホテル札幌

上に戻る  

【2021年04月08日】

find・H*注目プロジェクト*グラベルロードバイク レースで魅力広めたい

 元自転車プロロードレーサーの小橋勇利さんは、競技用自転車の調整、アドバイスをする傍ら、競技自転車の普及活動を行っています。小橋さんが今、最も力を入れているのが「グラベルロードバイク」です。
 グラベルロードバイクとは、ロードバイクの走行性能を生かしながら、舗装道路以外でも快適に遠くまで走れるよう改良されたもので、欧米を中心に愛好者が増えています。道内では、なじみのないグラベルロードバイクを知るきっかけにしたいと、5月4日に胆振管内厚真町で初のレースを開催します。
 「広い大地と豊かな自然を擁する北海道こそグラベルロードバイクに最適の地」と考えている小橋さんはレースを継続的に開きたいと考えています。
                  ◇
 北海道新聞社のクラウドファンディング「ファインド・エイチ」は、夢をかなえたい人とその夢を応援したい人をつなぎます。詳しくは「ファインド・エイチ」で検索を。

上に戻る  

<<2021年05月 | 2021年03月>>