北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

 2021年08月>>

【2021年09月09日】

find・H*注目プロジェクト*岩見沢のガイドブック 小学生と作って謎解きイベント開催したい

 岩見沢青年会議所は「子供達とガイドブックを作成し、まちを盛り上げる謎解きイベント」を企画しました。市内の小学生と一緒に商店街や観光地を知ることができるガイドブックを作成。それを活用した謎解きイベントに小学生とその保護者ら多くの方に参加してもらい、まちを巡ってもらうことで、地域を活性化させたいと考えています。
 謎解きイベントでは、子供たちが作成したガイドブックやまち、施設にある看板などをヒントに問題に挑戦してもらいます。今回の支援者限定で、自宅で全ての問題に回答できるよう、ヒントが写った画像を送ります。
 岩見沢に直接足を運ぶことが難しい方も、支援したイベントに安心して参加していただけます。
                  ◇
 北海道新聞社のクラウドファンディング「ファインド・エイチ」は、夢をかなえたい人とその夢を応援したい人をつなぎます。詳しくは「ファインド・エイチ」で検索を。

第58回全道いけ花美術展

 ◇会期 10月13日(水)〜18日(月)。前、後期各3日間。午前10時30分〜午後7時30分(各期3日目は同5時)。入場は終了30分前まで◇会場 丸井今井札幌本店(中央区南1西2)◇出品流派 華道専正池坊、古流かたばみ会、古流松藤会、嵯峨御流、専心池坊、草月流、龍生派、池坊、池坊光明流清美会、池坊清月派、小原流◇入場料 700円(前売り600円)、高校生以下無料。前売り券は札幌・道新プレイガイド、札幌市民交流プラザチケットセンター、チケットぴあ、ローソンチケット、出品各流派で発売中◇問い合わせ 北海道いけ花連盟事務局(道新文化事業社内)(電)011・210・5735(土・日、祝日を除く午前9時30分〜午後5時30分)
 主催 北海道いけ花連盟、北海道新聞社

上に戻る  

【2021年09月06日】

紙面モニター*第18期270人を募集

 北海道新聞社は、より良い紙面を届けるため、北海道新聞を読んでいただいている皆さまからご意見をいただく第18期紙面モニターを次の要領で募集します。
 ◇依頼内容 3週間に1度、1週間分の紙面へのご意見を伺うほか、特定のテーマの質問にもお答えいただく場合があります◇モニター期間 2021年10月9日〜2022年3月18日◇募集人数 270人◇応募条件 北海道新聞を定期購読している世帯の18歳以上(高校生を除く)で、過去に北海道新聞の紙面モニターの経験がない方。パソコンやスマートフォン、タブレットなどを使用してウェブ上で回答できる方(スマートフォン以外の携帯電話では回答できません)◇謝礼 回答回数や内容に応じて最高7千円分の図書カード◇応募方法 左下のQRコードを読み取るか、「どうしん電子版」の「お知らせ」欄から専用ページにアクセス、またはウェブ閲覧ソフトのアドレスバーにhttps://dsm.dii.co.jp/oubo/を直接入力し、応募画面に進んでください◇締め切り 9月15日◇問い合わせ 北海道新聞社マーケティングセンター(電)011・210・6002(平日午前10時〜午後5時)

上に戻る  

【2021年09月03日】

第45回道新ボランティア奨励賞

 道内各地で活躍するボランティア団体を応援する「第45回道新ボランティア奨励賞」の受賞団体が決まりました。一般奨励賞8団体で、助成金は25万円です。贈呈式は行わず、代わりに記念品(盾)を後日、送付します。受賞団体の活動内容を10月上旬予定の朝刊で紹介します。
 受賞団体は次の通り。カッコ内は所在地と代表者(敬称略)。
 ◇一般奨励賞 ▽mamma dou―dou(札幌市、藤田秀子)▽NPO法人北海道鉄道文化保存会(小樽市、清水道代)▽広陽小学校図書館ボランティア ミッケ!(帯広市、森山早苗)▽苫小牧手話サークルひまわり(苫小牧市、加勢廣子)▽コンパニア・デ・マンドリーナ(登別市、蛭田進一)▽朗読ボランティア 声の図書館そよかぜ(網走市、小松ふみ子)▽ゆめクラブ(空知管内新十津川町、村中寛子)▽あつまっぷる(胆振管内厚真町、高橋康夫)
 主催 北海道新聞社、北海道新聞社会福祉振興基金、北海道社会福祉協議会

上に戻る  

 2021年08月>>