北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

北海道新聞社からのお知らせ

<<2022年06月 | 2022年04月>>

【2022年05月30日】

初代国家安全保障局長 谷内正太郎氏が講演*道政経懇話会6月16日に例会

 北海道政経懇話会(代表幹事・宮口宏夫北海道新聞社社長)は、6月16日正午からJRタワーホテル日航札幌(札幌市中央区北5西2)で6月例会を開きます。元外務次官で初代国家安全保障局長兼内閣特別顧問を務めた谷内正太郎さんが「国際情勢の見方―ロシアのウクライナ侵攻を一例として」と題し講演します。
 1944年生まれ、富山県出身。東京大大学院法学政治学研究科修士課程修了。69年に外務省に入り、条約局長、総合外交政策局長などを経て2005年に外務次官。14年から19年まで初代の国家安全保障局長として外交・安全保障分野で政権を支えました。20年4月から富士通フューチャースタディーズ・センター理事長。
                  ◇
 北海道政経懇話会は会員制(会費・月額8千円)です。
 北海道新聞ホットメディア(電)011・241・2475(平日午前9時30分〜午後5時30分)へお申し込みください。

上に戻る  

【2022年05月13日】

創刊80周年*北海道博物館第8回特別展「世界の昆虫」

 世界一の昆虫コレクション保有国とされる日本の博物館や大学などが所蔵する10万匹を超える昆虫標本を展示し、自然界の不思議さや多様性を紹介します。
◇会期 7月23日(土)〜9月25日(日)午前9時30分〜午後5時。祝日を除く月曜、9月20日休館◇会場 北海道博物館(札幌市厚別区厚別町小野幌53 (電)011・898・0466)◇観覧料 一般(高校生以上)1500円(1300円)、小・中学生700円(600円)。かっこ内は前売りと10人以上の団体料金。未就学児無料(要保護者同伴)。本展観覧者は北海道博物館の総合展示室も観覧可。前売り券は札幌・道新プレイガイドなどで販売中
 主催 「世界の昆虫」実行委(北海道新聞社、北海道博物館、北海道文化放送、北海道歴史文化財団)

上に戻る  

【2022年05月09日】

find・H*注目プロジェクト*女子硬式野球チーム 練習環境に支援を

 道内で唯一の女子硬式野球クラブチーム「ホーネッツ・レディース」。選手たちは平日、仕事や学校に通いながら自主練習、週末や休日は合同練習や試合を行い、女子野球日本一を目指しています。
 2005年の結成以来、多くの方に支えられ、後志管内喜茂別町や札幌近郊などで活動しています。ただ、硬式野球専用グラウンドを持たず、普段は施設の外にボールが出てしまう危険などと隣り合わせの練習環境です。
 もっと安全に、全力で練習に打ち込めるよう、防球ネットなどの備品を整えたいと考えています。全日本女子硬式野球選手権などで活躍し、より魅力的で地域に貢献できるチームにするため、多くの方の支援を願っています。
                  ◇
 北海道新聞社のクラウドファンディング「ファインド・エイチ」は、夢をかなえたい人とその夢を応援したい人をつなぎます。詳しくは「ファインド・エイチ」で検索を。

大樹町スペースコタン社長 小田切義憲氏が講演*道政経懇話会24日に例会

 北海道政経懇話会(代表幹事・宮口宏夫北海道新聞社社長)は、24日正午からプレミアホテル中島公園札幌(札幌市中央区南10西6)で5月例会を開きます。宇宙産業を生かしたまちづくりを進める十勝管内大樹町で「北海道スペースポート(宇宙港)構想」の実現を目指すSPACE COTAN(スペースコタン)社の小田切義憲社長が「北海道、その先は宇宙産業で切り拓(ひら)く」と題し講演します。
 1962年東京生まれ。全日本空輸(ANA)で運航管理や空港オペレーション業務を長く担った後、格安航空会社エアアジア・ジャパンの社長を務めました。2016年からANA総合研究所で国内空港利活性化の調査研究に携わり、21年4月、大樹町などが出資するスペースコタン社の社長に就きました。ロケット発射場や滑走路を整備し「民間に開かれた宇宙港」を目指しています。
                ◇
 北海道政経懇話会は会員制(会費・月額8千円)です。
 北海道新聞ホットメディア(電)011・241・2475(平日午前9時30分〜午後5時30分)へお申し込みください。

上に戻る  

【2022年05月02日】

花フェスタ2022札幌

 ◇会期 6月25日(土)〜7月3日(日)午前10時〜午後6時(最終日は同5時)◇会場 札幌・大通公園西4〜8丁目◇内容 ▽4・5丁目=北海道農業高校生ガーデニングコンテスト作品紹介、北海道蘭大賞受賞作品紹介など▽6・7丁目=花き・グッズ販売、ステージイベント(土・日のみ)など▽8丁目=北海道お酒と食のおいしいマルシェ2022(7月1〜3日、午前11時〜午後6時30分。最終日は同5時まで)◇入場無料◇問い合わせ 花フェスタ2022札幌運営事務局(北日本広告社内)(電)011・241・2314(土・日、祝日を除く午前10時〜午後6時)
 主催 花フェスタ札幌実行委員会(北海道新聞社、北海道、札幌市ほか)

北海道国立大学機構発足記念フォーラム

 道内の国立3大学が経営統合して4月1日に北海道国立大学機構が発足しました。何を目指すのか、考えます。
 ◇とき 5月22日(日)午後2時◇ところ 道新ホール(札幌市中央区大通西3)◇内容 ▽基調講演=長谷山彰氏(北海道国立大学機構理事長)、村井純氏(慶応大教授、デジタル庁顧問、北海道顧問)▽パネルディスカッション=穴沢真氏(小樽商大学長)、長沢秀行氏(帯広畜産大学長)、鈴木聡一郎氏(北見工大学長)、中村秀治氏(北海道国立大学機構非常勤理事、三菱総研執行役員)、橋本潤美氏(ロジネットジャパン社長)、コーディネーター 宮崎徹哉(北海道新聞社帯広支社報道部長)◇入場無料◇申し込み 左記のQRコードから専用フォームにアクセスするか、メール(sandaigaku@hokkaido−np.co.jp)、ファクス(011・210・5508)でお申し込みください。住所、氏名、年齢、電話番号を明記してください◇問い合わせ 北海道新聞社企画室(電)011・210・5507(平日のみ)
 主催 北海道新聞社

上に戻る  

<<2022年06月 | 2022年04月>>