北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

社会貢献への取り組み

 北海道新聞社は、文化、スポーツ、社会福祉などさまざまな分野で社会貢献活動を行っています。

 表彰事業では、1947年に制定した「北海道新聞文化賞」が、社会、学術、経済の各分野で北海道の発展に寄与した個人・団体を顕彰してきました。芸術分野では「北海道新聞文学賞」「北海道新聞短歌賞・俳句賞」「有島青少年文芸賞」、スポーツでは「北海道新聞スポーツ賞」、社会福祉では「道新ボランティア奨励賞」があります。「北のみらい奨励賞」(2011年まで)を発展させる形で2014年創設した「道新地域げんき大賞」は、地域に根ざし、次世代の担い手として社会に貢献している個人・団体を、地域ごとに顕彰しています。

夏マラソンとして高い評価をいただく北海道マラソン
夏マラソンとして高い評価をいただく北海道マラソン

 イベントなどの事業は年間800件を主催・共催しています。展覧会、音楽コンサートなどの文化事業、「北海道マラソン」「ほっかいどう大運動会」といった各種スポーツ事業を手がけているほか、豊平川の花火大会、札幌モーターショーも北海道新聞社の主催です。美術展の開催にも力を入れて取り組んでいます。2017年のゴッホ展では約20万人の来場者を集めたほか、19年にはイタリアの巨匠カラヴァッジョの作品展を開催。浮世絵や日本美術、歴史・文明展など幅広い分野の美術・芸術を、札幌だけでなく道内各地で紹介しています。また将棋の王位戦と女流王位戦、囲碁の天元戦を主催しているほか、それぞれの北海道選手権も実施。道内における競技の普及と振興を後押しし、レベルアップにつなげています。1997年から2011年まで行った北海道千本桜運動は毎年およそ1000本のエゾヤマザクラの苗木を道内各地に寄贈してきました。

 1965年に創設した北海道新聞社会福祉振興基金と、1992年創設の北海道新聞野生生物基金の2つの財団も大きな社会貢献と言えるでしょう。社会福祉基金は、広く道民の善意を集め、民間福祉事業に役立てる狙いで設立され、寄付総額は40億円に近づいています。

北海道日本ハムファイターズの選手たちがかぶる「北海道新聞」のロゴ入りヘルメット
北海道日本ハムファイターズの選手たちがかぶる「北海道新聞」のロゴ入りヘルメット

 野生生物基金は、残された自然と野生生物を守り、次代に引き継ぐお手伝いをします。北海道新聞社は、野生生物基金とともに1997年から5年に1度、「野花の国勢調査」とも言われるフラワーソンを開催し、北海道の自然の現状を多くの道民に知ってもらう契機となっています。

 このほか、プロ野球の北海道日本ハムファイターズ、サッカーJリーグの北海道コンサドーレ札幌、札幌交響楽団を支援しています。ファイターズの選手がかぶるヘルメットには「北海道新聞」のロゴが記され、勝利インタビューで選手たちの後ろに立つインタビューボードにも「北海道新聞」と「道新スポーツ」の名称が記載されています。

各賞の紹介

北海道新聞スポーツ賞の贈呈式
  1. 北海道新聞文化賞
  2. 北海道新聞文学賞
  3. 北海道新聞短歌賞・俳句賞
  4. 有島青少年文芸賞
  5. 北海道新聞スポーツ賞
  6. 道新ボランティア奨励賞
  7. 道新地域げんき大賞
  1. 北のみらい奨励賞(2011年で終了)
    (北海道新聞学術文化研究奨励金