北海道新聞社 会社概要

HOMEへ戻る
サイトマップ

社史

北海道新聞社の沿革と道内外の主な出来事

北海道新聞社の沿革    道内外の主な出来事
1・20 北海新聞北海道新聞のルーツ紙の1つ「北海新聞」が札幌で創業 1887年
(明20)
   
11・1 道内11紙を統合し北海道新聞創刊赤レンガ社屋 1942年
(昭17)
   
7・1 道新、中部日本、西日本の三社連合発足 1943年
(昭18)
   
3・6 用紙節約で全国各紙とともに夕刊休止 1944年
(昭19)
   
    1945年
(昭20)
8・15 日本が無条件降伏。第2次世界大戦終わる
8・26 夕刊北海タイムス発刊 1946年
(昭21)
   
11・3 北海道新聞文化賞制定を発表
11・10 第1回全道美術展を開催
3・28 本社、旭川、釧路で「夕刊北海道新聞」を発行 1950年
(昭25)
2・18 第1回札幌雪まつり
2・10 運動部の内藤晋記者が世界スピードスケー卜選手権500mで優勝 1951年
(昭26)
   
11・22 北海道放送(HBC)設立
5・1 朝夕刊セット制を実施 1952年
(昭27)
   
    1954年
(昭29)
9・26 台風15号で青函連絡船洞爺丸など沈没
    1958年
(昭33)
3・31 北海道の人口500万人突破
6・1 全道高校野球春季大会を開催 1962年
(昭37)
   
2・22 北海道新聞社会福祉振興基金を創設 1965年
(昭40)
   
    1966年
(昭41)
2・4 千歳発の全日空60便が羽田沖で墜落、当時世界最悪の133人死亡
10・23 北海道新聞文学賞を制定 1967年
(昭42)
   
6・14 北海道100年記念北海道大博覧会を共催 1968年
(昭43)
5・16  十勝沖地震。北海道と東北で死者、不明50人 
10・9 ファクシミリ化完成、全道4カ所の紙面製作を本社に一元化
9・16 北海道政経懇話会を創立 1970年
(昭45)
   
11・12 紙齢1万号を記念し道新スポーツ賞制定
4・1 北海道文化放送(UHB)が開局 1972年
(昭47)
2・3 冬季オリンピック札幌大会が開幕
9・26 コンピューターによる紙面製作(CTS)開始 1974年
(昭49)
   
    1976年
(昭51)
9・6 ソ連戦闘機ミグ25函館着陸
12・3 朝刊100万部達成 1979年
(昭54)
   
    1981年
(昭56)
10・16 北炭夕張鉱でガス突出、死者不明93人
9・1 道新スポーツ発刊 1982年
(昭57)
   
9・15 エフエム北海道開局
7・27 全面コンピューター製作(CTS)、鉛の活字消える 1985年
(昭60)
   
9・6 北海道マラソンを初開催 1987年
(昭62)
   
    1988年
(昭63)
3・13 青函トンネル開業。連絡船は廃止
10・1 全社カラー体制 1989年
(昭64)
   
2・14 フリーペーパー道新「オントナ」発刊 1991年
(平3)
   
2・3 北海道新聞情報研究所を設立 1992年
(平4)
   
3・23 編集電子化システム始動
9・30 北海道新聞野生生物基金を設立
12・3 朝刊120万部を達成 1993年
(平5)
7・12 北海道南西沖地震。奥尻島を中心に津波や火災で202人死亡、29人行方不明
11・5 小学生新聞「フムフム」新設 1994年
(平6)
   
    1995年
(平7)
1・17 阪神・淡路大震災発生
4・23 道新ホームページ開設 1996年
(平8)
2・10 古平町の豊浜トンネルで崩落事故、20人死亡
4・6 記者ワープロから記者パソコンへ 1997年
(平9)
11・17 拓銀が経営破綻
8・7 北広島市に札幌工場建設。40ページ、16ヵ面カラー体制へ
1・31 本社大通工場の印刷業務終了。北海新聞以来の印刷に終止符 1998年
(平10)
1・22 道庁の公金不正総額は76億円に
5・8 紙齢2万号
7・1 6カ所目の印刷工場として道新音更印刷始動 1999年
(平11)
   
12・4 朝刊125万部を達成 2000年
(平12)
3・31 有珠山噴火
5・30 社外識者で構成する「読者と道新委員会」発足 2001年
(平13)
9・11 米中枢同時多発テロ
5・22 道新旭川印刷稼働。全社40ページ体制。旭川工場は印刷終了 2002年
(平14)
5・31 札幌ドームほかで日韓ワールドカップサッカー
7・5 ゴッホ展開催。入場28万人を超え道立近代美術館の新記録
4・30 道新ホームページの月間アクセスが1,000万件超す 2003年
(平15)
   
8・29 取材宣伝車「道新ぶんぶん号」誕生 2004年
(平16)
8・22 夏の甲子園で駒大苫小牧が道内高として初優勝
10・4 記者組み版システム(ELS)全面移行へ 10・23 新潟県中越地震発生
2・7 日本ハムのヘルメットロゴに「北海道新聞」 2005年
(平17)
7・14 知床が世界自然遺産に登録
7・1 動画取材の可能性を探る映像プロジェクト開始
7・1 道新ぶんぶんクラブ発足  2006年
(平18)
6・17 夕張市長が財政再建団体申請を表明
10・26 北海道日本ハムファイターズが日本シリーズ制覇
8・23 道新釧路印刷工場(釧路市鳥取)落成。釧路支社工場から全面移行し、免震 構造を採用 2007年
(平19)
3・6 夕張市が財政再建団体に移行
9・5 本社NIE推進センターの見学者数が累計1万人を突破 2008年
(平20)
7・7 北海道洞爺湖サミットが開幕
8・30 北海道マラソンの制限時間を1時間緩和し、中島公園スタート、大通公園ゴールの新コースで開催 2009年
(平21)
9・16 鳩山由紀夫氏が道内選出議員で初の首相に選出
4・22 道新総合印刷函館工場が始動。全社16ページカラー体制が完成 2010年
(平22)
6・4 鳩山内閣が総辞職
10・6 鈴木章北大名誉教授ら3人にノーベル化学賞
7・1 マーケティングセンター発足 2011年
(平23)
3・11 東日本大震災発生
2・17
〜19
初の札幌モーターショー。12万5千人動員 2012年
(平24)
12・16 総選挙で自民が3年ぶり政権奪還
10・15 朝刊地方版の見開き2ページカラー化完了
12・3 夕刊コラム「まど」40周年 2013年
(平25)
9・7 2020年東京五輪開催決定
3・3 大型の「U文字」導入。段制を15段から12段に 2014年
(平26)
2・16 スキージャンプの葛西紀明選手がソチ冬季五輪で銀メダル。日本人最年長記録
6・2 どうしん電子版スタート
3・7 「道新こども新聞 週刊まなぶん」創刊 2015年
(平27)
   

新聞協会賞

<技術部門>

1958年 「写真電送録画装置」の考案・実用化(編集局連絡部=代表 井ノ内正康)

<編集部門>

1961年 企画記事「北洋」(代表 編集局次長・上関敏夫)
1967年 恵庭事件公判の一連の報道(社会部次長・松井淳一、社会部・林武、佐藤邦明)
1977年 「ソ連ミグ25戦闘機によるベレンコ中尉亡命事件」の写真報道(函館支社写真課・荏原清)
1986年 連載企画「『北の隣人』−日ソ国交回復30年」(代表 東京政経部次長・酒井良一)
1991年 連載企画「銀のしずく」(「銀のしずく」取材班=代表 社会部長・島田昭吉)
1994年 地方版ニュースサマリー「きのう 今日 あす」(代表 編集局次長・小田紘一郎)
1996年 北海道庁公費乱用一連の報道(公費乱用取材班=代表 社会部・山本牧、政治部・加藤雅規)
2004年 北海道警察の裏金疑惑を追及した一連の報道(「道警裏金問題」取材班=代表 報道本部次長・高田昌幸)
2013年 長期連載企画「日ロ現場史」(報道センター編集委員・本田良一)

新聞広告賞

1984年 紙齢15,000号記念 8日間連続企画「北の同居人」
1990年 NIEキャンペーン「世界が見える。21世紀が見える」
1991年 DOSHIN ネバーランド PRESS
1992年 家族三部作
1993年 みんな地球の仲間たち 野生生物共和国宣言
1994年 花フェスタ’93キャンペーン
1998年 北海道経済再生に向けた緊急提言シリーズ
1999年 愛してアイドル
2000年 コンサドーレプレス
2009年 仮想・北海道独立宣言

その他の主な賞

1959年 日本ジャーナリスト会議(JCJ)本賞 「一貫して平和憲法の精神を広めた業績」=論説委員会
1976年 日本国連協会会長賞=上関敏夫社長
1988年 日本ジャーナリスト会議(JCJ)奨励賞 長期連載「祖国へ!」=サハリン残留韓国・朝鮮人問題取材班
1993年 アップジョン医学記事賞 「エイズ闘病1500日」=社会部・目黒雄司
1996年 日本ジャーナリスト会議(JCJ)奨励賞 「追及!道庁不正−公費乱用一連の報道」=公費乱用取材班
2004年 日本ジャーナリスト会議(JCJ)大賞、菊池寛賞 「北海道警察裏金問題に対する一連のキャンペーン報道」=道警裏金問題取材班
2005年 ファイザー医学記事大賞 年間企画「再生 地域医療」=報道本部医療取材班
2006年 日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞 「沖縄返還密約 元外務省高官証言スクープ」=編集委員・徃住嘉文
2013年 日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞 連載企画「原子力 負の遺産」=北海道新聞取材班
2015年 日本ジャーナリスト会議(JCJ)賞 連載「獄中メモは問う 北海道綴方教育連盟事件」=釧路報道部・佐竹直子記者